エバーラスティング

エバーラスティング - 時をさまようタック -
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ISBN : B0001URNU4
スコア選択:

今回はナタリー・ハビットの傑作児童小説を
ディズニーが実写映画化した作品の紹介です。

あらすじ
家出した裕福な地主の1人娘ウィニーが、森の中で出会った少年ジェシーとその家族。
この一見普通にみえる家族には、泉の水を飲んだために不老不死の身体であるという秘密があった・・・。

児童書とはいえ不老不死をテーマにしていて、なかなか興味深い内容だし。
ファンタジー映画ならではの瑞々しい映像も見逃せないかと。
タック家の人々と出会い、自然と共に暮らす生活に溶け込んでいくウィニー。
そんな中でジェシーとウィニーはお互いに惹かれ合っていくのだけれど。
誘拐されたと思い込んだ両親がウィニーを連れ戻しにきたことで
タック家に危機が訪れるが、ジェシー達の機転により何とか難を逃れる。
一家が町を去る時、「森へ行って泉の水を飲むんだ。必ず迎えにくるから」
とウィニーに言い残すジェシー。
この映画の見所は、ウィニーが永遠の命と限られた命の
どちらを選ぶのかってところだと思います。
時を超えた二人の恋は実るのか?!
それはラストシーンを見てのお楽しみってことで(^_-)

恐れるべきは死ではなく
無意味な生
限りある命を生きぬかなくては
精いっぱい


エンディングで流れる言葉であり。
映画中、タック家の父親の台詞でもあります。
観終わった後、色々と考えさせられちゃいましたねー。
この言葉の重みや私だったらどっちをとるだろうかとか。
周りは年老いてくのに、自分だけ永遠の時間を持ち続けるってのも辛いものがあるし。
限られた人生だからこそ得るものも大きいのかもしれないし。
うーん。。難しいね^^;
でもやっぱり年は取りたくないって思うのは私だけ?(笑)
[PR]
# by awren | 2004-10-03 14:02 | 映画鑑賞 | Trackback | Comments(2)

OFSカフェ特集

今年もフジロックに行けなかった私にとって、
WOWOW映像と共に楽しみにしてた番組だったので。
録画しておいたのを早速に見てみました。
いや~こんな間近で、最前の人なんて手を伸ばせば届きそうな距離で見れるなんて!
しかも次から次へと自分の好きなアーティストが登場するなんて!!
現場にいた人羨ましすぎ~っっ(>_<)
一日中カフェに貼りついてたい気持ちにもなるよねー(笑)
アコギライヴ映像の他に、今年フジに参加したなすかちゃんが
どのくらい映ってるかっていうのも見所のひとつだったけれど。
これが想像以上のヨカ映り具合でなんか興奮しちゃった(笑)
なんといっても、killers2曲目の時とASHのが一番分かりやすかったかなーと。
なすかちゃんをご存知の方、是非チェックしてみて下され~♪
というわけで、今年のOFSカフェは見所満載で去年以上に楽しめたワ(^^)

沢山のアーティストがそれぞれ個性的な演奏を披露してくれたけれど。
OFSカフェのベストアクト、私的にはSouthで決まり~!
(「NINE LIVES」にはジーンときちゃいました。。)
あのマホガニー色?のギター素敵だったなぁ。
デザインとかも凝ってたしやはり特注なんだろうか。
あと、実物の方が絶対イイ男だと思うべスト3てことで勝手にチョイス(笑)
1.ギターの彼(SNOW PATROL)→写真映り悪すぎ・・・
2.デイヴ(STILLS)→テレビ映り悪いのね??
3.イワン(haven)→目立たない&映り悪くて損してるかな
[PR]
# by awren | 2004-10-02 13:39 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(7)

Embrace

b0032346_11393182.jpg"Out of Nothing" / Embrace
TOTPで「GLAVITY」が流れてるのをみていて。
気になったのでチェックしてみたら、Coldplayのクリスが提供した曲だと知り。
なるほどな~と思いつつ、他の曲も聴いてみたくてアルバムを購入。
500曲の中から選りすぐられたというだけあってどの曲も完成度が高く、
スケール感あるしっとりした美しいメロディに彩られたアルバム。
派手さとか即効性のある音ではないけれど、
2回、3回と聴いていくうちにジワジワと心に染みてくるエンブレイスマジックに溢れた作品だと思います。
聴き始めた頃は、同じような曲ばかりで飽きるな~という印象があったものの。
最近ではすっかり愛聴盤となっております(笑)
「GLAVITY」はクリスの作った曲だけど、今や既にエンブレイスのものになってるし。
M7「SPELL IT OUT」やM8「GLORIOUS DAY」など、このアルバムのハイライトとなりそうな曲もありで。
Coldplayファンはもちろんのこと、全ての美メロ愛好者の方々にお薦め致します!

因みにこのアルバムジャケ、ぱっとみは何か紋章?のように思えるけど、
よーくみてみると円陣を組んでるメンバーを真上から撮ってるという(笑)
そしてCD盤の裏ジャケにはそのメンバーの顔を下から撮った写真が。
レーベル移籍しての再出発を機に、気持ちを新たに団結するメンバーの意思が伝わってくるようで。
これからも応援していきたいという気持ちにさせられますね。
[PR]
# by awren | 2004-10-02 12:29 | CD感想 | Trackback | Comments(0)

ビーズチャーム

b0032346_1717871.jpg今、巷ではビーズ細工が大流行。
目を酷使するし、自分にはとても作れないと諦めてたのだけど。
携帯ストラップ欲しさとデザインの可愛さに負けて。
とうとうビーズ細工デビューしちゃいました(笑)
テグス(ワイヤー)にちっこいビーズを通して編んでいく作業ときたら。
忍耐力と集中力はもちろんのこと。
説明書のビーズ設計図をちゃんと理解できる頭脳も必要。
適当にやれば何とかなるさ~なんて甘く考えてると。
結局は上手くいかずにやり直し、時間だけがムダに過ぎていくという結果に^^;
作ってる途中で、こんなの出来るわけないだろーってビーズを投げつけること数回・・・(笑)
苦労に苦労を重ねてやっと出来あがった作品が、
ここにアップしたブルークロスのビーズチャームです!!
一応、製作時間は2時間て書いてあるけれど、
私の場合、一個作るのに3時間半はかかったかと。。。

このビーズチャーム、月いちで届けられる千趣会のマンスリー商品なので。
1ヶ月に1個のペースで作っていかないと、どんどん溜まっていくという(笑)
先月分のもまだ作ってないのに、もう今月分の商品が届いてしまった。
あの大変さを思うと、なかなかヤル気が起きなくて・・・(^^ゞ
まあ暇をみてボチボチ作ってこうと思ってるので。
完成したらまたお披露目しますワ☆
[PR]
# by awren | 2004-09-29 21:56 | 雑なの | Trackback | Comments(5)

KEANE単独来日決定!

噂に聞いてた通りでやっぱり12月でした。
しかもなぜかクリマン、そして今回も見事に平日。
東京公演はZEPP TOKYOか~。
あまり好きな会場ではないけれど、
KEANEを見るためなら何処へでも行きまっせー(笑)
でもこの日程だと気の毒なのは地方在住の方々。
会社を辞める覚悟でもない限り見に行けない人もいるわけで。
KEANEなら福岡あたりでやっても集客力あると思うんだけどなぁ。
行きたくても行けない友達の事を考えると複雑な心境なんだけど。
とりあえずチケ取りがんばりまっすー(笑)
[PR]
# by awren | 2004-09-27 21:40 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(5)

まずいー(笑)

一昨日、地元のコーヒー屋さんでミルキーウェイを購入がてら。
店内を物色してたらパスタソース類を発見。
アラビアータやナポリタンなど色々と売られてて。
中でも特に私の目を引いたのがいかすみのソース(笑)
もう何年も前に、イタリア旅行で行ったヴェニスで食べて以来だな~と思ったら、
ムショウに食べたくなって買ってみました。
それを昨日のお昼に作って食べてみたところ。
なんだかビミョ~な味で、想像してた味とは違ってマズイ・・・
まあインスタントだし仕方ないっか^^;
コーヒー屋とはいってもプチ成城石井といった品揃えのお店で、
なかなか良かったですわー。
地元にこんなシャレた店がある事を発見できてなんだか得した気分♪
[PR]
# by awren | 2004-09-27 21:11 | 食味感想 | Trackback | Comments(0)

Dogs Die In Hot Cars

b0032346_19194951.jpg "Please Describe Yourself" / Dogs Die In Hot
Cars


なんとも変わったバンド名だけど(笑)
PVで流れてたM3「I Love You Cause I Have To」が心にひっかかり。
アルバム買ってみたところこれがアタリでした☆
80年代テイスト満載でなんとも懐かしいっていうのが第一印象。
ポップでキャッチー、程よい疾走感とバラエティーに富んだ曲達。
飽きずに最後まで一気に聴けちゃうそんなアルバムです。
イイ感じでテンション上げてくれるんで。
朝の通勤時とかに効きそうな1枚です♪

ボーカルのクレイグのハリと艶のある声って。
キラーズのブランドンの声に似てると思うんだけどなぁ。
なのでキラーズ好きの方には特にお薦めでっす(^^)
CDジャケやPVから想像するに、彼らのライヴってかなりユニークで楽しそう。
早く生で見てみたい、今後が楽しみなバンドのひとつとなりました。
しかしグラスゴーって、本当に次から次へといいバンドが出てくるな~。
独特の土壌とか音楽シーンとかあるんだろうけど。
今後もどんな新人がでてくるのか要チェックなトコロ。
[PR]
# by awren | 2004-09-26 12:49 | CD感想 | Trackback | Comments(2)

私もついに

世間の流行に乗って、ブログ始めてみました。
マメな更新はできないかもしれないけど。
時間のある時にでもお立ち寄り下されば幸いです(^^)
因みにブログ名のfullfathomfiveは、
私の永遠のイチオシ、THE STONE ROSESの曲から頂きました。
どうぞ宜しゅうに~☆
 
[PR]
# by awren | 2004-09-25 13:38 | Trackback | Comments(2)

Supergrass@LIQUIDROOM ebisu

b0032346_1218385.jpgSupergrassはPVで流れる曲くらいしか知らなかったし。
新曲の「Kiss Of Life」がイイ感じで気になる存在ではあったものの。
発売されたベスト盤買おうかどうしようかと迷ってた頃に、
ちょうど彼らのデビュー10周年来日公演が決まり。
ベスト盤聞いてみて良かったらライヴに行ってみようと思い、アルバム購入して聴いてみたところ。
グラムの雰囲気たっぷりのポップでキャッチーなナンバーでなかなか良いではないの!
もっと早く聞けば良かったとちょっと後悔しつつライヴ行くことにしました。
サマソニから1ヶ月経ってるし、何かライウ見るにはちょうどいいしね。

会場の恵比寿リキッドルームは先月アフターパーティーで行ってるし
場所も分かってるつもりだったのに。
地理がちゃんと頭に入ってなくて道に迷ってしまい・・・^^;
ロッカーが、粗品がなくなる~っと思いあせり捲り(大汗)
でも何とか辿り着く事が出来て、OFSクリアフォルダーも無事にゲット(笑)
b0032346_12593239.jpg
ライヴは10分押しくらいで始まり。
オープニングの「Caught By Fuzz」からラストの「Strange Ones」まで
ヒット曲満載の約1時間半のライヴでした。
私自身はSupergrassの熱烈なファンて訳じゃないので。
周りのファンの皆様の熱い思いに圧倒されたりもしたけれど(笑)
演奏も上手いし、これぞベストヒッツライヴといわんばかりの選曲には
Supergrass初心者の私もかなり楽しめました。
ライヴの中盤あたりでは「Late In The Day」「Seen The Light」「Sun His The Sky」の3曲をアコギセットで演奏。
メロディの良さとギャズの歌の旨さが会場内に響き渡ってた。
個人的には「Sun His The Sky」はフル演奏で聴きたかったなーと。
あと「Going Out」が聴けなかったのもちょっと残念。
そしてどの曲だったか忘れたけれど皆で大合唱な場面もあり。
ちゃんと歌詞とかタイミングを知ってるよー凄いな~と。

メンバーも仲良さそうでイイ雰囲気だったなぁ。
アコギセット時には、ギャズとミックが二人で楽しそうに演奏してたし♪
ギャズに何か言われて、オチャメにおどけて見せるダニーも可愛くて可笑しかった。
もちろんロブもイイ仕事してたしネ。
最後に、ギャズが2月にまた会おうねと言ってたようだけれども。
もしかしてソニマニかな??な~んて(^^ゞ
フェスで観るSupergrassもまた盛り上がりそう☆
[PR]
# by awren | 2004-09-03 23:16 | ライヴ感想 | Trackback | Comments(0)

サマーソニック2004

b0032346_1282715.jpg8/7~8の二日間に渡って開催されたサマーソニック2004。
二日目のみですが参戦してきました。
今までは暑いのがダメで諦めてきたフェスだったけれど。
インドア会場のあるサマソニなら参加できるかもと一大決心(笑) 
外は暑かったけれど、屋内はエアコンが効いてて快適だったし。
ライヴを見る事のみに集中できるという、夢のような素敵な一日でした。

この日は、マウンテンステージとソニックステージの往復。
通路が混み合う為、この移動が意外と時間がかかったかなぁ。
会場内では常に入って左側の柵の前方のところをキープ。
顔まではハッキリ見えないけど全体が見渡せてゆったり見れたので、
なかなか好位置だったんじゃないかと☆

まず最初はKASABIANからスタート!
入場規制もあったほどの凄い人気だったけれど。
一つ前のバンドから会場入りしてたので問題なく見れましたわ。
3曲しか知らなかったし、どんなライヴになるのかワクワク。
メンバー登場と共に場内大歓声で、みんなテンション高い高い(笑)
特に「CLUB FOOT」は大盛り上がりでカッコ良かったぁ~!!
イケメンなメンバーの顔がよく見れなかったのが残念だったけど。
単独来日も決まったので、これはチャンスか(笑)

次はTHE VEILSを見るためにマウンテンステージへ移動。
アコギ演奏という事で客もあまり入ってなかったですが。
一人ギターを弾きながら歌うFINNのボーカルはとても素晴らしかった!!!
「LAVINIA」の時なんて感動で心が震えたもの。
最後まで聴きたかったけれど、SECRET MACHINESを見るため途中で会場を抜けました。

再びソニックステージに戻りSECRET MACHINESを観戦。
もっと注目されてるかと思ってたのに、意外と客が少なくてちょっと淋しかったなぁ(笑)
ドラムのバワフルで超ヘヴィな音がカッコ良くて◎
(このドラム君の叩き方が、スチュに似てるな~って思たな)
そこにギターやキーボードの奏でる浮遊感ある音が被ってなんともUKちっく。
私的にかなりツボな音なので、これからプッシュしていきたいと思ってます(^^)

ここで前半終了したので、ちょっと食事休憩してたら。
THE ORDINARY BOYSを一緒に見る香苗ちゃんからメールで、
入場規制になりそうな雰囲気だから早めに来てとの連絡があり
慌ててマウンテンステージへと向う。
メンバーは、最初っから元気一杯の熱~いライヴを見せてくれて。
ステージ上もかなり動き回ってたかと思います。
しかし、この時だんだんと気分が悪くなってきてしまい、
ちょっとヤバい感じがしたので座って休んでた私。
なのであまりよく見れてなかったかも^^;

その次のJUNIOR SENIORも入場規制がありそうな雰囲気だったので、
トイレ休憩もそこそこに会場へ急ぎましたわさ(笑)
嫌な予感が当りソニックステージの前は凄い人だかり。
入場する際に順番待ちさせられたけど、無事に入場できたので良かった良かった。
始まるまで座って休んでたら、なんとか体調も回復。
そしてライヴが始まるやいなや、あまりの楽しさに感動~感極まっちゃったよ。。
日本語で「アツイー」とか、「THANK YOU」と何度も言ってたSENIORが可愛かった(笑)
いや~彼らは盛り上げ方・のせ方が上手い!
会場内は大ディスコ大会と化してました♪

そしてこの日のトリはTHE MUSIC。
彼らのライヴの評判は聞いてたので、是非見てみたいと思ってただけに期待も膨らむ。
そして始まるやいなや、あのグルーヴがなんとも心地よく踊らずにはいられない!!!
香苗ちゃんと一緒に飛んだり跳ねたりと踊りまくりっ☆☆
こんなに暴れたのは久しぶりで、ストレス発散にもなったなー(笑)
演奏曲の半分くらいは新曲だったよね。
終演後もアンコールを求める拍手が続いてて、熱いライヴの余韻がたっぷりでした。
今更ながらTHE MUSICにはまってしまった私です(^^ゞ

今回はマリンスタジアムの方へは足を運べず残念でしたが。
駅へ向かう帰り道で花火も見れたし大満足です~(^^)
これで私の夏も終わり(笑)良い思い出となりました。
メンツにもよるけれど、また来年も行きたいなーて思ってマス☆
[PR]
# by awren | 2004-08-08 23:36 | ライヴ感想 | Trackback(1) | Comments(19)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧