<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

EDITORS/WE ARE SCIENTISTS@SHIBUYA CLUB QUATTRO

b0032346_1338342.jpg

この来日公演が決まった時点では、1人で行くつもりだったし。
EDITORS目当てな私は、演奏順からして5/12でいっかなーと思ってたのだが(笑)
nazcaちゃんから一緒に行きましょうと誘われたので、5/13に変更することに。
ところが、その後アーティスト側の都合により日程が変更になってしまい。
残念ながらnazcaちゃんは行けなくなったので、最初の予定通り5/12のチケを購入。
もう完全に1人で行くものと思ってたライヴ1週間前くらいになって、
突然後輩のSちゃんがこのライヴに行きたいといい出して…(笑)
サマソニ初日のみ参戦予定なSちゃんは、できたらWASを見ておきたいと思ったらしく。
でも、この日のチケは既に完売ってことで手に入らず。
もしかして連れが出来るかも?とちょっと期待もしたが、
結局のところ1人で観ることになったという、ちょっと紆余曲折があったりしたのでした(笑)


b0032346_16471421.jpg

開場時間となり会場内へ入ってみると。
関係者用の予約席も用意されてるし、この日のチケは売り切れということだしで、
始まる前から両バンドへの期待の高さがひしひしと伝わってくる。
この日の演奏はEDITORSからスタート。
開演時間の19:00を少し回った頃、ラッセル(B)を先頭にメンバー登場。
最初の曲はアルバムのオープニングと同じく"Lights"。
この曲の演奏中にいきなり「ダァーーー」とトム(Vo.)が叫んだり(笑)
また、ギターを胸くらいの位置で抱えなら弾いてたかと思うと、
顔の近くまで持ってたり、頭上で持ち上げて弾いたりと。
噂に聞いてた通りで一癖ありそうなトムのパフォーマンスは目が離せない(笑)
と思いつつも最初の4曲くらいまでは、普通に良いな~という感じだったのに。
トムがキーボードを弾きながら歌う5曲目"Camera"を境にして、
ぐぐっと彼らの音世界に引き込まれていく。
アルバムにおいても軸となる曲だけあって、
ライヴではアレンジの効果もあってか、さらに不思議な魅力と吸引力があったように思う。
この日のライヴで、私の心に一番印象に残った曲かも。
"All sparks"や"Munich"などでは、サビの部分をわざとテンポを落として、
聴く者の耳に強く印象づくよう演奏してるところとか。
オーディエンスの引き込み方が上手で、さすがわ期待の新人だけあるなぁと。

ライヴも終盤になり、「次はWASだからあと2曲ね」とWASに気を使うトムが好印象♪
その最後の前の曲"Release"は、私はこの日初めて聴いたので新曲だと思ったのだが。
哀愁ある美しいメロディが前面に出ているスローナンバーで、
ダークな中にもポジティブさが見え隠れしてるような印象でとってもヨカッタ。
そして最後の曲を演奏する前に、まだまだ演って欲しいみたいなことを観客から言われて。
ちょっと嬉しそうなトムがまたもや好印象☆
終演後、ステージを去ろうとしてたのにトムがわざわざマイクの前まで戻ってきて
一体何を言うのかと思いきや、一言「アリガト」って。
いや~もう何てイイ人なんだろうと私の中ではポイント倍増です(笑)
この日は最初のアクトということで、セットリストも短めで全部で10曲だったので。
フルセットで観たいと思わせてくれる余韻の残るライヴだった。


05/12/2006@SHIBUYA CLUB QUATTRO
**Set List**
01. Lights
02. Blood
03. All Sparks
04. Bones(新曲)
05. Camera
06. You Are Fading
07. Bullets
08. Munich
09. Release
10. Fingers In The Factories  


b0032346_17431286.jpg

EDITORS狙いな私的にはWASはチョイ見で帰るつもりでいたのだが(笑)
久しぶりのライヴだしEDITORS後の何ともイイ余韻が残ってることもあり。
せっかくだから後輩のSちゃんの分も頑張って見ていくことに決定。
とはいってもWASの予習は全くしてないのでどこまでついてけるか不安もあったが。
セットチェンジを挟んで、いよいよWASのメンバーが登場。
演奏前からフロアはすごい盛り上がりで、
もしかしてEDITORSより人気あるみたいでちょっとビックリ(笑)
EDITORS狙いなのは私だけだったのかも…?
クリス(B)が日本へ来るのは2回目だとかで、日本語のMCも慣れた様子。
初っ端からパワーと勢いでぐいぐい観客をノセていくパフォーマンスは、
EDITORSとはまた違った味があってオモシロイ。

またこの日は最終日ってこともあってか、MCもかなり冴えてたもよう。
クリスが2曲目の曲紹介を間違えてしまい、
キース(Vo.&G)が「違うよー」と言い出して、それじゃ何やる?みたいなことで
マイケル(D)も交えて相談し合うという場面もあったりして。
そして最後にキースがクリスに「リーダーがそんなんじゃ困るよぉ」
みたいなことも言ってたようで、これって演出じゃないの?と思えるくらい息があってた(笑)
途中でキースのギターが調子悪くなってチューニングしたいとのことで、
その間、クリスが間をもたせようと喋ろうとしてるのに。
わざとチューニングの音で邪魔をするキース。
この2人のやりとりが面白いったらなかった(笑)
他にもイロイロ喋ってた気がするけれど、
予習をしてかなかった私には知らない曲ばかりで、
そこへきて疲れがピークにきてたので、記憶があやふやであまり覚えてなくて^^;
でも、自分達の演奏を終えたEDITORSのメンバー(クリスとトム?)が
ステージの袖でWASを観戦する姿や、
クリスがローディーのようにギターを渡すのも見れたし、最後まで残って見てヨカッタかなと。

両バンドとも今年のサマーソニックに出演が決定してるので、
行かれる方は、時間があれば是非とも見てもらいたい。
特にEDITORSはオススメです♪
[PR]
by awren | 2006-05-21 18:49 | ライヴ感想 | Comments(4)

最近お買い上げしたCD&DVD

b0032346_1282762.jpg

今回は、発売延期となっていた"Singles" / Feeder
"Dark Third" / Pure Reason Revolutionの2枚の購入はすでに決定済みで。
あと、もし置いてあったらEmbraceのGlorious Day Live In LeedsのDVDも
欲しいナと思っていたが見当たらず。
取り寄せてもらおうかなと思いつつ、とりあえずCD2枚の会計を先に済ませてから、
店員さんにDVDのことを聞いてみたところ。
私の探し方が悪かったようで、地元のタワレコながらちゃんと置いてあったという(笑)
しかも残り1枚だったみたいで…。
これはもう私が買うのを待っていたと解釈して(笑)
さっきCD2枚をお買い上げした時点で、タワレコのポイントが満点になったことだし。
それを使えばけっこうリーズナブルな値段で買えるってことで、即決♪

それにしてもFeederは音源も映像も盛り沢山で、聴き応え&見応えありそう(^^)
日本盤はDVD付限定盤と通常盤の2種類あって、
DVD付きの方は2ヶ月間の限定生産のようなので買うならお早めに~☆
Pure Reason Revolutionはイマドキの音じゃないけれど、
ちょっと気になる新人てことで楽しみぃ。
EmbraceはNaoさんの強力なオススメもあったし(笑)
日本で彼らのライヴが見れるのは当分先になりそうだし、映像みて行った気になろうかと。
それにしても、こうしてDVDは日本盤が発売されてるのに、
なぜに新作アルバムの日本盤リリースの予定がないのか納得いかないなー(笑)
[PR]
by awren | 2006-05-20 13:09 | 音楽雑談 | Trackback(1) | Comments(2)

ビスコ チョコバナナ

b0032346_1718232.jpg

ちょいと小腹を満たすのにピッタリな食べ切りタイプの
ビスコミニパックにチョコバナナが新登場。
新しいモノ好きな私としては早速に購入して食べてみる。
バナナクリームをチョコレート風味のビスケットでサンドしてあり、
さっぱりした甘さで仕事の疲れも思わず吹き飛びそうな美味しさかも(笑)
バナナ模様のパッケージも可愛いビスコ君、
3時のおやつや残業時やライヴ帰りなど、色んな場面で活躍してくれそう☆
[PR]
by awren | 2006-05-16 17:34 | 食味感想 | Trackback | Comments(0)

DHCアイラッシュトニック

b0032346_12224988.jpg

アイメイクを落とすのが面倒臭いということもあって(笑)
もっばら透明マスカラ愛用者な私。
今まで使っていた商品が生産終了してしまったので替わりのモノを探してたところ、
目に止まったのがこのDHCアイラッシュトニック

植物エキスがまつ毛に栄養を与えて、
つややかな輝きとボリュームを高めるまつ毛専用トニックなのだが。
透明マスカラにも使えるということでちょっと購買欲を擽られ。
さらに、先日通販にてDHC商品をお買い上げした時に同封されていた
愛用者からのナマの声が紹介されてるチラシ中でも、このマスカラの評判は高く。
『まつ毛が抜けにくくなって、しかも伸びてきた』とか、
『本当にまつ毛が増えて、細いのが太くなり新しいまつ毛も生えてきた』などといった
感想を読んでいたらもう欲しい気持ちでいっぱいになり、早速に購入してみました(笑)

実際に使ってみての感想は、つけた瞬間はしっとりしてるのだが、
乾いてくるとまつ毛のカーブをふんわりキープしてくれるような使い心地なのと。
まぶたのラインにあわせた弓なりカーブのブラシが
まつ毛1本1本まで細かく塗れて使いやすいのも◎
今のところまだまつ毛が伸びたとか増えたとかいう実感はないけれど、
そういった効果が得られるよう、夜のお手入れも頑張ろっと(笑)

b0032346_1332056.jpg

それとアイラッシュトニックを購入する少し前に使っていた
このクレージュのクリアマスカラもちょっとオススメ。
ナチュラルな仕上がりなのでキープ力はあまりないように思えるけれど、
通常のクレンジングで落とせるし、無香料なのも嬉しい。
眉毛を整える時にも使えるし、アイラッシュトニックと併用して使っていこうかなぁ。
[PR]
by awren | 2006-05-13 13:12 | 日常あれこれ | Trackback(1) | Comments(2)

エキサイトブログにも

やっとアクセス解析の機能が付くこととなり嬉しい限りなのだが。
新しくリリースされたネームカードに登録しないと利用できないっていうのが、
ちょっとひっかかる気がしないでもないけれど(笑)

このアクセス解析で分かる内容としては

*ページビュー数
*リンク元ランキングと各アクセス数
*検索ワードランキング上位10件と各アクセス数

ということで、他のアクセス解析と比べたらあまり大したことないかもしれないが(笑)
今使っているアクセス解析では見ることのできない
リンク元と検索ワードランキングの集計結果が分かるということで、
それでだけでも私的には大いにそそられるモノがあり。
早速にネームカードを設定して自分のブログに貼り付けること1週間が経過。

その集計結果を最初に見た時には、ちょっと感動しましたねぇ(笑)
一番多いリンク元は何処なのか、どのような検索ワードで訪問されてるのかなど、
実際にこの目で確認できるのはナカナカに興味深く。
ちなみに最近の集計によると、リンク元ラインキング第1位はエキサイトブログで、
検索ワード1位はFeeder(もうすぐベスト盤が発売になるから?)という結果。
他には来日公演も間近なEDITORSや何故かMaximo Parkの名前もあったりして。
あと、Umbrellasがランクインしてるのはちょっと嬉しかったなぁ。
とまあ、意外な発見があって楽しいしイロイロと参考にしながら、
今までのアクセス解析と合わせて活用していくつもりデス。
[PR]
by awren | 2006-05-07 17:32 | 日常あれこれ | Trackback(2) | Comments(2)

"Eyes Open" / Snow Patrol

b0032346_1642015.jpg


Eyes Open
Snow Patrol





北アイルランド出身のメンバーが、1994年にスコットランドで出会いバンドを結成。
グラスゴーを拠点に活躍するスノウ・パトロール通算4枚目のアルバム。
今作に収録されてる曲たちを、すでに2月の来日公演で聴いているとはいえ。
個人的には「You're All I Have」以外は、
あまり印象に残ってないのにどれも聴き覚えのある曲ばかりで。
自分の記憶力もまだまだ捨てたものじゃないと思ったりもしたが(笑)
1度聴いただけで耳に残るというのは、それだけ曲のクオリティが高いという証拠だし。
このアルバムのために書き下ろされたという
35曲もの中から厳選されただけのことはあって、どの曲も本当にスバラシイ。

サード・アルバムでは、前半に良い曲が集中してしまったせいか、
後半を聴くのはちょっと辛かったりしたのだが(笑)
それに比べて本作ではアルバム全体のバランスも良く、
ライヴ感に溢れたトラックリストは聴き手の心をぐっと掴んで最後まで離さない。
スノウ・パトロールにとって"Final Straw"が出世作なら、
この"Eyes Open"は、メジャーバンドへと成長している過程をも実感できる
彼らの代表作となりえる出来ばえなのでは。

日本/UK盤ボーナストラックの他に、さらに日本盤のみのボーナス・トラックとして、
2006年2月21日の代官山UNITでのライヴテイク(しかもギャリーのMC付き)が
収録されてるという、日本のファンへ向けての粋な計らいもポイント高いし。
これで1,980円という価格は、もう超太っ腹としかいいようがない(笑)

そしてスノウ・パトロールの過去の作品も聴いてみたいという人に朗報です。
彼らがインディーズ時代にリリースした
初期2タイトルがボーナス・トラックを追加して再登場しました。
リイシュー発売されたのは、1998年発表の1st"Songs for Polar Bears"と、
2001年発表の2nd"When It's All Over We Still Have to Clear Up"です。
詳しくはコチラで。

■オフィシャルサイト
http://www.snowpatrol.net/
■レーベルサイト
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/snow_patrol/
[PR]
by awren | 2006-05-06 18:19 | CD感想 | Trackback(1) | Comments(10)

母の日孝行をかねて

b0032346_1238930.jpg

今年も母親を連れて2人で鎌倉に行ってきました。
ゴールデンウィーク後半5連休の2日目で行楽日和ともなれば、
私達が到着した10:30頃は小町通りなんて既に人で溢れていて思うように進めず^^;
とりあえずいつもお土産を買う御用達なお店で、
先に買い物を済ませてから本日の目的地鎌倉宮へと向かう。
なぜ鎌倉宮なのかというと、母親がどうしても鎌倉宮の獅子頭守が欲しいと言うもので(笑)
鎌倉駅から大塔宮行バスに乗って15分くらいで到着。
早速に獅子頭守を買い求める母親。

b0032346_12593153.jpg

このお守り、獅子の口のところがパクパクと開閉するようになっていて。
カタカタと音も鳴ったりして、デザイン的にも優れたものとして全国的にも有名だそう。
我が家用に中獅子頭を2つと、あとはご近所に配るお土産用として小獅子頭を8つ購入。
お守りだけに軽いし、持って帰るのも苦にならない。
それにお菓子よりも記念に残るしで、さすが母親!目のつけどころが違うなぁ(笑)

b0032346_13455420.jpg

実はこの神社に来るのはこれで3度目でして。
GW中だけとのことで、ちょうど神主さんが神社内を案内してくれたので
大塔宮守護良親王が幽閉されていた土牢や親王の首塚跡に宝物殿などを見て回る。
しかし何度見ても土牢は何かこう薄気味悪さを感じるというか。
ここで一晩過ごすのは、かなりのチャレンジャーものかも…。
境内では藤の花が満開で見事な咲きっぷり。
緑がまぶしい季節だけに草花や木の葉の色が目にも鮮やかで、ホントに心地良い。


b0032346_1491541.jpg

この後のランチの予約時間までにはまだ余裕があるので。
せっかく来たのだし、鎌倉宮から瑞泉寺まで歩いてみることに。
この辺りは山を切り開いた土地なのか、木や緑も多くまさに閑静な住宅街といったところ。
さわやかな散策が期待できるので、個人的にはお気に入りな場所だったりする。
とはいえ、瑞泉寺へはもう2回ほど行ったことがあるし、
今回はちょっと趣向を変えて、瑞泉寺へ行く途中で目に入った看板に引かれて、
江戸時代の大和絵が無料で見れるという勧画館に行ってみた。

b0032346_1493515.jpg
b0032346_1494893.jpg

門を入ると苔に覆われた石段がこじんまりとした古い一軒家まで続いていて、
これがまた何とも風情があってステキなのだ。
家の中には、江戸時代に書かれたという絵巻物や屏風絵にお雛様などが飾ってあり。
歴史を感じさせてくれる品々を暫し鑑賞。
鎌倉にこんな所があったとはという感じで、またもや鎌倉の奥深さを実感。

b0032346_1645249.jpg

さらにこの勧画館を出てもう少し先の方へ行ってみると、
深い木立と緑の道が続いてそうで、私的には何とも興味をそそられたのだが。
ランチの予約時間を考えるとそろそろバス亭に戻らないといけないってことで、
雄大な自然を感じさせてくれる風景を記念にパチリ。

ランチは友達のKちゃんオススメの和食のお店『もり崎』で食べることに。
カウンターとテーブル席を全部合わせても
20人くらいでいっぱいになってしまうような小さなお店なのだが。
薄味でさっぱり風味な料理は美味しいの一言(^^)
料理の品数は少なめだが、
最終的にはお腹いっぱいになるし女性にはこれくらいがちょうどイイネ。
ご飯は玄米なのかな?と思って尋ねてみると、
なんと白米に10種類の穀物を混ぜ合わせているとのことで。
白米の柔らかい食感を活かしながら、体に優しい素材をたっぷり使ってるところも◎
場所はちょっと分かり難いけど、鎌倉駅からも近いしまた行きたいナ。


b0032346_16561524.jpg

『もり崎』で美味しいランチを食べて外へ出てみると、
日差しは強いものの涼しい風が気持ち良くて、すっかりリラックス気分。
駅に向かおうと道を渡ったところの水晶コレクションのお店で、
四葉のクローバーのストラップが売られているのが目に止まり。
これと同じようなのを会社の同期のYちゃんが持っていて、
私も欲しいなぁと思ってたところで、水晶の色やデザインを吟味してから迷わず購入。
これで私にも幸運が訪れますようにと願いながら(笑)
来年もまた鎌倉散策に行けるようイロイロと頑張らなくては☆
[PR]
by awren | 2006-05-05 17:35 | 日常あれこれ | Trackback | Comments(2)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧