<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

"You See Colours" / Delays

b0032346_1618989.jpg


You See Colours
Delays





イギリス南部の港町サザンプトン出身の4ピースバンド、
ディレイズのセカンド・アルバム。
透明感のあるハイトーンな歌声と、スウィートでドリーミィなメロディはそのままに、
デジタル処理とダンスミュージックの要素が程よくミックスされたサウンドからは、
前作より更に新化したディレイズがはっきりと感じられて頼もしい限り。
キラキラと輝き、個性的な曲展開で存在感ある曲たちがひとつの束になって、
アルバム全体に高揚感とパワーを与えているように思える。
M8とM9の間に流れるメンバーが談笑してる声からは、
レコーディング中の和気あいあいとした雰囲気が伝わってくるようで微笑ましいし。
ボーナストラックでは、グレッグ兄に負けず劣らずなアーロンの美声が聴けるしで(笑)
聞き出したら止まらない、ついつい繰り返し聴きたくなってしまうような、
不思議なディレイズ・マジックがいっぱいに詰まった作品。

b0032346_16484546.jpg

b0032346_1649399.jpg

日本盤の帯に書いてあった、初回生産限定「十字型」ブックレットって何だろう?
と思いながらケースを開けてCDジャケを見てみると…。
↑こんな風になっていて、思わず「やるじゃん!ディレイズ!!」って思ってしまった(笑)
1stの日本盤はイマイチだっただけに、アートワーク的にも成長が感じられて◎

それと、このアルバムを通してちょっとしたサプライズがあり。
今作のサウンドからして、後輩のSちゃんが好きそうな感じがしたので薦めようと思ったら。
なーんと彼女は既にこのCDをお買い上げしていて、私に紹介しようとしていたと分かり。
さすがSちゃん、私の好みを良くご存知で(笑)
彼女は"Valentine"を聴いてディレイズにハマったらしく、
アルバムジャケットも含めていたく気に入ってる様子なので。
1stや日本独自編集のミニ・アルバムにシングル等、ディレイズ一式を貸すことに。
まさかこんな身近にディレイズ仲間がいるなんて嬉しい驚きです(笑)

■オフィシャルサイト
http://www.thedelays.co.uk/
[PR]
by awren | 2006-04-30 17:19 | CD感想 | Comments(12)

SAVONA

b0032346_13542360.jpg

職場ではビルケンストックのサンダル(フロリダ)を愛用中な私。
同じくビルケン愛用者の後輩が、新しいモノが欲しいということで、
私がサンダルを購入したデパートに行ってみたが、既に撤退してしまったらしく…。
そのうち私も買い替えの時期がくるだろうし、どうしたものかと思ってたけど。
後輩が調べたところ、銀座にショップがあるのを見つけてそこで購入。
その時に貰ってきたカタログを借りて見ていて、かなり気になったのがこのサボナ。
何よりもまず目を引かれたのが花柄プリントっていうところ。
柄モノの靴って滅多にないと思うし、スニーカー風な可愛いデザインも◎
もう、とにかく欲しい!という気持ちでいっぱいになってしまい(笑)
早速に私もショップに行ってみることに。

少し迷ったけれど、ショップへは無事に到着。
店員さんの丁寧で親切な対応には、こちらが恐縮してしまうほど^^;
サボナの他にもイイナと思った靴が2点くらいあったのだが、
実際に履いて見るとカタログで見た感じとは全然違ってて…。
洋服もそうだけど、靴もやはり実際に履いてみないと分からないものだなぁ~と実感。
結局、この日はサボナのみお買い上げ。
ビルケンストック印の布バッグに入れてもらい、ちょっと得した気分(^^)
購入後は、天気が悪いせいもあってまだ一度も履いてないけれど。
ジーンズとの相性バッチリみたいだし、来週あたりデビューさせてみようかなと♪

■FOOTPRINTS
http://www.birkenstockjpn.co.jp/product/footprints/index.html
[PR]
by awren | 2006-04-29 14:41 | 日常あれこれ | Trackback | Comments(0)

最近お買い上げしたCD

今年になってから月に1枚くらいのペースで購入していたので、
一度に3枚もお買い上げとはかなり久しぶりな気がしないでもないが(笑)
どれも前評判の高い期待作ばかりなのでかなり楽しみぃ~♪

b0032346_1222131.jpg


Eyes Open
Snow Patrol





b0032346_1225146.jpg


Back Room
Editors





b0032346_1226528.jpg


This New Day
Embrace





いや~しかしどれから聴こうか迷ってしまうくらいの良品揃い☆
やっぱり来月ライヴにも行くEditorsを予習しなくてはと思いつつ、
Snow Patrolも早く聴きたいしで困ってしまうが(^^ゞ
とりあえずこの2枚を中心に聴いとりますー。
もちろんEmbraceもすぐにでも聴きたいけど、もう少し落ち着いたらじっくり味わおうかなと。
Embraceは日本盤を待ちきれずに輸入盤を購入してしまったが、2510円は高いよなあ。
でも、タワレコのポイントが付くからヨシとしとこう(笑)
[PR]
by awren | 2006-04-28 12:50 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(6)

"Ten Silver Drops" / Secret Machines

b0032346_16392726.jpg


Ten Silver Drops
Secret Machines





輸入盤とはいえ、8曲しか収録されてないのに2,405円という価格に
ちょっと納得できないところもあったりしたが。
曲数が少ない分、1曲1曲が濃い内容になっているようでまずはひと一安心。
1stのNow Here Is Nowhereと比べると、
ド迫力のドラムサウンドがボリュームダウンしてしまったのが物足りない気がするが。
野太いグルーヴに絡む繊細でサイケデリックな浮遊感あるメロディはそのままに、
スケール感もプログレ指数も大幅にアップして、
より壮大な音空間を感じられるスペースロックなサウンドが何とも心地良い。

b0032346_17283928.jpg

b0032346_17293519.jpg

そして、輸入盤はスリーブケース仕様となっていて、
CD盤にはケースと同様にTen Silver Dropsがプリントされているしで。
今作のアートワークも彼らなりのセンスが感じられてなかなか素敵。

2004年のサマソニに出演した時には、観客が少なくてホント気の毒だったけれど。
3ピースとは思えない分厚いサウンドと手抜きなしのパフォーマンスを披露してくれた彼ら。
今年のサマソニでは、沢山の音楽ファンに見て貰えるといいなぁ。
myspace.comでも4曲フル視聴できるので、行かれる方は是非ともチェックしてみて☆

■オフィシャルサイト
http://www.thesecretmachines.com/
[PR]
by awren | 2006-04-23 17:53 | CD感想 | Trackback | Comments(0)

都こんぶあられ

b0032346_12225515.jpg

最初にこのあられを見かけた時、
今や遠足のお菓子の定番でもある「都こんぶ」が思い出されて。
あの味のイメージでいくと甘酸っぱいあられってことかなーとか、
イロイロと想像しつつ購入を迷っていたのだが(笑)
コンビニで見かける度に気になるもので思い切ってお買い上げしてみたところ。
まさしく都こんぶのあられ版といった感じの、酢こんぶ風味のソフトな一口あられ。 
都こんぶが苦手な人にはちょっと微妙な味わいかもしれないけど(笑)
甘酸っぱさにプラスされた昆布の風味がこれまた絶妙。
食べ出したらやめられなくなるような、不思議とあとを引く美味しさですヨ。

■栗山米菓ホームページ
http://www.beika.com/nakajo/new_page_2.htm#miyako_konbu
[PR]
by awren | 2006-04-22 12:42 | 食味感想 | Trackback | Comments(0)

フィギュアスケート ジャパンオープン2006 追加公演決定! 

後輩がプレオーダーに当選したおかげで行けることになった
「キノシタグループカップ フィギュアスケート ジャパンオープン2006」
3地域対抗戦
の追加公演が決定しました。

プレオーダー :【受付中】~4/21(金)18:00
一般発売日:4/23(日)10:00

↓公演詳細・お申込みはコチラからどうぞ。
http://click.eplus.co.jp/?5_407735_18787_1

公演日:5/14(日)19:00
会場:さいたまスーパーアリーナ
出場予定選手 :
<日本>荒川静香/浅田真央/安藤美姫/高橋大輔/本田武史
<北米>K・マイズナー/J・ロシェット/J・バトル/E・サンデュ
<欧州>S・マイヤー/K・コルピ/A・ヤグディン/B・ジュベール

なんでも多くのファンから追加公演のご要望が殺到し、
主催者が検討の結果、エキシビション公演の追加開催が決定したそう。
追加公演の方は、本公演と同じ日の19:00からになってるので。
1日に2公演こなすことになる選手達はちょっと大変かもしれないけれど、
華麗な演技を見せてくれることを期待。
それにしてもフィギュアスケートも追加公演があるとはねぇ~。
まあ、グランプリシリーズ以外でこれだけの選手が揃うってのは
めったにないことだろうし、見る価値は充分にあるかと思うので。
前回は落選してしまった人やまだチケットを手に入れてない人には朗報かと。
この機会に是非とも応募してみてはいかがでしょ♪
[PR]
by awren | 2006-04-20 12:58 | スポーツ感想 | Trackback(1) | Comments(0)

最近お買い上げしたCD

最近はネットでちゃんと視聴してから購入を決めてるせいもあってか、
今までのように、漁るようにCDを買っていない気がする今日この頃(笑)
そんな私が先週から今週にかけて購入したCDは以下の2枚。

b0032346_19402763.jpg



Ten Silver Drops
Secret Machines




Secret Machinesは日本盤が発売されるまで待とうかなぁとも思ったが。
どうせ地元のタワレコには置いてないだろうと見てみたら、
なーんと1枚だけ入荷していたのを発見。
しかしながら、輸入盤で2,405円って高いよなぁと一瞬購入をためらったものの。
取り寄せしなくてもすぐにゲットできるという誘惑には勝てず…^^;
まあ、タワレコのポイントも付くしとりあえずお買い上げってことで♪


b0032346_1942196.jpg



You See Colours
Delays




そしてDelaysは予約しなくても発売日に行けば余裕で買えるでしょ~と安心してたら。
なーんと在庫切れで取り寄せすることになってしまい。。
Delaysってそんなに売れてるのぉ??って疑問に思ったけど。
多分、地元の小さなショップだから入荷数が少ないだけのことかと(笑)
そんなこんなで今週になって無事にゲットできて、ただいまヘビロテ中~。
ネットでのアルバム視聴も我慢した甲斐もあってか、
Delaysの良さが体中に染みわたるような感触をがたまりません(笑)
彼らのファンでよかったと思える内容で、しかも1,980円という価格は超お買い得☆
[PR]
by awren | 2006-04-19 20:00 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(6)

"Live From Dakota" / Stereophonics

b0032346_1651513.jpg


Live From Dakota
Stereophonics





ライヴバンドという印象が強いステレオフォニックスにとって、
これが初のライヴ・アルバムというのは、意外な気がしないでもないが。
オープニングのアリーナ級の会場を埋めつくす観客の歓声からは、
UK本国ではやはり国民的バンドなんだなぁと改めて実感させられたし。
3ピースとは思えない分厚い音に安定感バツグンの演奏を聴いていると、
ライヴの迫力と臨場感がそのままに伝わってくるしで。
もう、昨年6月の来日公演が思い出されて思わず興奮(笑)

日本のライヴでは聴けなかった曲や新曲が収録されてるのも嬉しいし、
来日公演時にはちょっと浮いた感じがして違和感のあった「Dakota」も
他の曲ともフィットしていて聴き応えあるアレンジになっていてカッコ良かったし。
「Maybe Tomorrow」や「Traffic」などで起こる大合唱では、
観客とバンドとの一体感に溢れた光景が想像できて、
日本では絶対にありえないことだよなぁーと羨ましく思ったり。
最後の最後までステフォニならではのベストな選曲に聞き入ってしまったという感じ。
昨年の来日公演を見逃してしまったという人には、是非とも聴いて貰いたい作品だし、
まだ彼らのライヴを見たことない人も
『ステフォニのライヴが見てみたい!!』っていう気になること間違いナシの内容ですヨ。

b0032346_1845346.jpg

今回の中ジャケのケリーの写真とかはすっごくカッコ良いのだけれど、
CD盤のデザインがイマイチのような気がするのは私だけではないハズ。
CD1はまだしも↑CD2の方は見てるだけで目が回りそうな…(笑)
それと音源だけでなくDVD付きで映像も見れたらもっとヨカッタかも☆

■オフィシャルサイト
http://www.stereophonics.com/home.php
[PR]
by awren | 2006-04-16 18:15 | CD感想 | Trackback(3) | Comments(4)

きび太郎

b0032346_12473535.jpg

知り合いの方からもらったお砂糖なのだが、スゴク美味しくてハマってます♪
サトウキビ本来の風味やミネラルを損なうことなく、
静電誘導の製法で、扱いやすい超微粒子に仕上げた新しいタイプのお砂糖で、
水にもサッと溶けるのでコーヒーやお料理にぴったり。
私はヨーグルトにまぜて食してるのけど、本当に超サラサラなので相性もバッチリ。
あっさりした甘さで何ともいえないおいしいお砂糖です。
ネット通販では200g入りしか購入できないけれど、
電話で注文したところ500g入りのもあるみたいなのでこちらの方がお得かも。
黒糖は苦手という方にも、是非とも食して貰いたい一品。

■黒糖本家(沖縄伝統の手作り黒糖)
http://www.kokutou.jp/
[PR]
by awren | 2006-04-15 13:04 | 食味感想 | Trackback | Comments(0)

"Welcome To Hope" / Holiday With Maggie

b0032346_17323910.jpg


Welcome To Hope
Holiday With Maggie





先月は来日公演も行ったスウェーデン出身のバンド、
ホリデイ・ウィズ・マギーの通算3枚目となる最新アルバム。
今作もポップでキャッチー、爽快感あるサウンドには変わりないが。
ファーストやセカンドで聴けた透明感溢れるキラキラしたメロディが
どこまでも突きぬけていくような感触が伝わってこなくて。
何か物足りなさを感じてしまうというのが、今のところの正直な感想。

でも聴いた瞬間の耳なじみの良さは抜群だし、
M5のアヴリル・ラヴィーンのカヴァー曲「Don't Tell Me」は
HWMテイストな仕上がりになっていてイイ感じだと思うし。
M2「From Sweden With Love」のサビとか、ライヴでは合唱になりそうだしで。
ナマで見たらやっぱりヨイと思えちゃうのかな(笑)

今回はボーナストラックが収録されてなくて、
日本盤なのにライナーノーツもないというのが寂しい感じもするし。
こんなバンド知ってるんだよ♪って思わず自慢したくなってしまうような
HWMマジックは薄れてしまったようにも思われるけれど。
サウンドやCDのアートワークからして、
ちょっと大人になったホリデイ・ウィズ・マギーもアリなのかもしれない。

b0032346_18123796.jpg

そして特典に付いてたDVDには、セカンドとサードの曲を中心に4つのPVを収録。

*************************
Featuring:
1.From Sweden With Love(Welcome To Hope )
2.Make It, Dont't Break It(Skyline Drive)
3.Recover And Reset(Skyline Drive)
Epilogue:
High On Life(Welcome To Hope )
*************************

「From Sweden With Love」では、ある夏の日の休日を楽しむ
メンバーの姿がホームビデオ風な映像に収められているのが印象的。
あと私的には初めて見る「Recover And Reset」がかなり面白かった☆
メンバーのユーモアと遊び心ある描写にはかなりウケた(笑)
これ見てたらやっぱりライヴ行けば良かったなぁと思えてしまったカナ。

■オフィシャルサイト
http://www.holidaywithmaggie.com/
[PR]
by awren | 2006-04-09 18:29 | CD感想 | Trackback | Comments(2)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧