<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

"No Balance Palace" / Kashmir

b0032346_16264472.jpg


No Balance Palace
Kashmir





デンマークでは国民的バンドといわれている、カシミールのサード・アルバム。
前作"Zitilites"では、繊細でキラキラしたメロディと
北欧のレディオヘッドといわれるようなエレクトロニックな一面が印象的だったが。
リードシングルの「The Curse of Being A Girl」からして、
今までのカシミールとはちょっと違うなぁと感じてはいたものの。
実際にアルバムを通して聴いてみてると、
よりパワフルで分厚いサウンドに仕上がっているのが分かるし。
繊細で緻密な音作りに変わりはないがエレクトロニックなアレンジは影をひそめ、
ギター・サウンドを前面に出したロックな内容になっているかと。

ただ、前作が好きな人には少々の違和感はあるかも。
実際のところ、私も最初のうちはいまいちピンとこなかったのだが、
聞き込んでるうちにカシミールの新しい方向性が感じられて、
これはこれで良い作品だと思えたという次第。

b0032346_1716176.jpg

b0032346_17162287.jpg
そしてデヴィッド・ボウイも出演している「The Cynic」のPVを見ても分かるが、
ヴィジュアルやアートワークへのこだわりが伝わってくるような中ジャケも◎
アルバムとあわせて要チェックですぞ☆

■オフィシャルサイト
http://www.kashmir.dk/
■レーベルサイト(アーティストペ-ジ)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/Kashmir/index.html
[PR]
by awren | 2006-03-26 17:28 | CD感想 | Trackback | Comments(2)

トゥルー・コーリング



いよいよ今週から『トゥルー・コーリング』がスタート。
euvoさんとこでも紹介してたし気になってたので、
やっとFOXチャンネルでも放送されることになり嬉しいワイ。
24のシーズン2終了後は、特に見たい海外ドラマがなかっただけに、
これから毎週金曜日が楽しみになりそう(^^)

早速に録画しておいたのを見てみたところ、1話完結型で分かりやすいし、
ストーリーの結末が2転3転するところも見どころのひとつとして面白いかと。
それにしても主演のエリザ・ドゥシュクってば、
陸上が得意という役どころとはいえ、よく走ること走ること。
結構ハマリ役なのではとも思えたりして(笑)

そして24といえば、FOXでも4月からシースン3がスタートってことで。
どれだけジャックに都合のイイ展開になってるか、こちらも楽しみ楽しみー。

■FOX CHANNEL-TRU CALLING
http://www.foxjapan.com/tv/bangumi/tru_calling/index.html
[PR]
by awren | 2006-03-25 12:21 | ドラマ鑑賞 | Trackback | Comments(2)

South新譜リリース情報

気になるバンドの新譜リリースが次々と発表されてる中、
いつの間にやらSouthの新作リリースも決まっていたようで。
CDJournalの情報によると、また新たに移籍した
Young American Recordingsよりアメリカにて4月4日に発売予定。
私的にはファースト・アルバム"From Here On In"のキラキラした
透明感溢れる音が好きということもあって、
セカンド・アルバム"With The Tides"にはイマイチ馴染めなかったのだが。
myspace.comにて新曲の視聴をしてみたところ、
過去2作品とは違った新しいSouthが感じられるようで好印象。
新譜の仕上がりが楽しみになってきたぞと♪




Adventures in the Underground
Journey to the Stars(US盤)

South
発売日: 2006年04月04日
[PR]
by awren | 2006-03-21 17:10 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(0)

最近お買い上げしたCD

b0032346_12351838.jpg


Welcome To Hope
Holiday With Maggie




ちょっと遅くなったが、ただいま来日中なHoliday With Maggieの新譜をゲット。
セカンド・アルバムの"SKYLINE DRIVE"と比べると、
キラキラ感が薄れたような気がしないでもないが。
その分パワー溢れるポップでキャッチーなサウンドに仕上がってるような印象。
これなら今日の代官山UNITや来週26日のTHE GAMEでの
ライヴでも盛り上がること間違いナシでしょう☆
残念ながら、諸事情により今回は彼らのライヴに参加できませんが、
行かれる方は楽しんできて下さいネ。

b0032346_1362395.jpg
それと、タワレコでアルバム購入した特典としてDVDが付いてきたのだが。
そういったモノがあるとは知らなかったので、
購入したCDと一緒に袋に入れられるのを見ながら
何か変なサンプルCDじゃないのぉ?と一瞬疑ってしまった私^^;
しかしよく見てみたところ
"Welcome To Home?" HOME VIDEO COLLECTIONと
盤に書いてあったので一安心(笑)
ライヴには行けないけれど、代わりにこれで楽しめそう(^^♪
[PR]
by awren | 2006-03-21 13:19 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(0)

香水3点セット

今まで使っていた香水がなくなりそうだし、春だしってことで。
新しいフレグランスを購入するため新橋にあるキムラヤへ行ってきた。

b0032346_1619831.jpg

まずは雑誌で"男の子が女の子に付けてほしい香水"で第2位を獲得してるという、
『イヴサンローラン ベビードール』から匂いチェック開始。
フルーティーフローラルな良い香りで、
今まで使っていた『グッチ エンヴィーミー』に似てるかな。
基本的に甘すぎずスパイシーすぎずな香りが好きな私ですが、
このくらいの甘さならオッケーなのでお買い上げすることに決定。


b0032346_16485047.jpg

次はlisaさんもオススメな『エルメス ナイルの庭』の匂いチェックへ。
お店でも人気商品というだけあって、
柑橘系の爽やかな香りの中にフルーティな甘さがほのかに匂う素敵な香り。
オフィスでも気兼ねなく使えそうだし、これもお買い上げ決定でしょ♪


b0032346_1704142.jpg

それと『ドルチェ&ガッバーナ ライトブルー』の匂いをチェックしてみたところ。
ボトルやパッケージの色からして青い空や海が連想される、
清涼感のある爽やかな香りには思わず吸い込まれそうになったほど。
今回お買い上げした香水の中で、一番のオススメといえるかも☆

それぞれとっても素敵な香りなので、つけるのが楽しみなのだが。
どれから使おうかとちょっと迷った結果、『エルメス ナイルの庭』に決定。
エルメスに負けないよう、私も素敵な女性にならなければ(笑)
[PR]
by awren | 2006-03-19 17:20 | 日常あれこれ | Comments(4)

"The Life Pursuit" / Bell And Sebastian

b0032346_13373092.jpg


The Life Pursuit
Bell And Sebastian





今年の1月にバンド結成10周年という節目を迎えた、
ベル・アンド・セバスチャンの通算7枚目の最新アルバム。
今作は、長年のファンによるとこれぞベルセバ!と思えるような
サウンドに仕上がっているという情報もあり。
そんなことを頭の片隅に置きながら聞いてみたところ、
ベルセバと出会って日の浅い私にとっても期待を裏切らない聴き心地♪

どこか懐かしい甘く切ないメロディと優しく心に寄り添うよう繊細なボーカル。
さらにポップで弾むようなリズムには、思わず気分もウキウキしてしまうような(笑)
コーラスやオルガン、フルートにトランペットなどを使った、
職人ワザ的アレンジが、単調になりがちな曲達にメリハリと個性を与えていて。
ファン歴を問わず、聴き手にとって聴きやすく楽しめる内容になってるかと。

スチュワート(Vo)は「暗い部屋か夜にヘッドフォンで楽しんで聴いてくれよ。
そのときにはスコットランドの地図と紅茶も忘れずにね。」と言っていたが。
もうすぐそこまで来ている春を感じながら、
休日の明るい日差しの中で聴くのもまたヨイナと思えるそんな作品。

今回購入した初回盤のブックレットにはベル・アンド・セバンスチャンQ&Aという
ファンからの色んな質問に答えるメンバーのコメントが載っているのだが、
読んでるとこれがなかなか面白くて笑えたり…(笑)
それとほとんどの曲に邦題というか、日本語のタイトルが付いてたりして。
一瞬ダサイと感じてしまったのだが、CDジャケやサウンドから受ける
60年代~70年代の雰囲気を出すためなのかと思えたり?(笑)

そして、いつの間にやら彼らの来日公演も決定
フジロックに出るのかなぁと思ってただけにちょっと意外だし、
行ったことない会場だけど、東京2DAYSは休日なので参加しやすいカモ。

■オフィシャルサイト
http://www.belleandsebastian.com/
[PR]
by awren | 2006-03-12 14:46 | CD感想 | Trackback(2) | Comments(4)

The Secret Machines新譜リリース情報

b0032346_20494641.jpg

2004年のサマソニでのパフォーマンスを見て以来のファンでして。
彼らの2ndに関する情報は、NMEのニュースなどでチェックしてたものの。
これまた、いつの間にやらリリースが決定しておりました。
今のとこmyspace.comで視聴できるのは3曲だが、
"Alone, Jealous and Stoned"と"Lightning Blue Eyes"の2曲が新曲。
新曲の2曲を聴いた限りでは、スケール感もアップして、
骨太なグルーヴに浮遊感あるサウンドが更に進化したような印象。
今現在、オフィシャルサイトは工事中のため見ることはできないが、
"Alone, Jealous and Stoned"の視聴や新譜の購入は可能ですヨ。

いや~それにしてもオフィシャルのTOP画像にはちょっとビックリ。
大人っぽくなったCurtis兄弟はもちろんのこと、
少し痩せて髪型もスッキリ垢抜けた印象のJosh(Dr)に要注目(笑)


b0032346_21373390.jpg

Ten Silver Drops(EU盤)
The Secret Machines
発売日: 2006年03月28日
[PR]
by awren | 2006-03-08 21:45 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(0)

タイムクッキー<ショコラフランボワーズ>

b0032346_11471649.jpg

食べきりサイズでおやつタイムにもぴったりなクッキーが新登場。
新しいモノ好きとしては買わずにはいられないってことで(笑)
早速に購入したものの、そのまま放置状態だったのを^^;
先日やっと食味してみたところ。
封を開けた瞬間に甘酸っぱい香りがふわ~と広がり。
サクサクしたチョコレートクッキーと
甘酸っぱいフランボワーズ風味のクリームとのハーモニーがこれまた絶妙。
コンビニエンスストアやレール売店での限定発売だけど、
見かけたら是非とも食してみて下され~☆

■森永製菓
http://www.morinaga.co.jp/newprod/2006-02/prod08.html
[PR]
by awren | 2006-03-07 12:14 | 食味感想 | Trackback | Comments(0)

リリース情報いろいろ

b0032346_16152860.jpg

今年前半くらいに新譜リリースが予定されているアーティスト達の
アルバムでも聴いてみようかと思いたち。
まだiPodに入れてないEMBRACE、STILLS、KEANEなどを中心に選んでた時、
ふと目に留まったのがEskobar。

彼らのセカンド・アルバム「There's Only Now」に収録されている
"Into Space"がSony 「バイオ」のCMソングに起用されたりしたので、
聞き覚えのある人も多いかと思われるが。
前作「Thousand Last Chances」から2年くらい経ってるし、
Eskobarもそろそろ新作出すのかなぁと思いオフィシャルをチェックしてみたところ。
どうやらレコーディングは完了したらしく、
アルバムタイトルは「Eskobar」、本国では5月3日にリリース予定とのこと。
てことは日本盤はその前後ってことになるのかな。
新曲もココで30秒ほど視聴できるけど、さわり程度しか聴けないのが残念。
でも深みの増した美しいメロディと透明感ある歌声は健在なので、
これまた新譜の仕上がりが楽しみだわい♪

あとは日本盤の発売日が3/1から3/29に延期になってしまったが、
ステレオフォニックス初のライヴ・アルバムの発売も楽しみだし。
4/26発売予定のフィーダー、新曲入りベスト盤(日本盤はDVD付)もはずせない。
アルバム全部を持ってない私にとって、こういった企画モノはアリガタイです(笑)

**追記**
フィーダーのベスト盤も4/26から5/10に発売延期になってました。
リリース延期は残念だけど、楽しみに待つことにしましょ。
simotukiさん、情報ありがとうです☆)
[PR]
by awren | 2006-03-05 17:14 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(2)

最近お買い上げしたCD

b0032346_15552179.jpg


No Balance Palace
Kashmir





ここのとこオリンピックモードな日々が続いてたので、
あまり音楽に身が入らなかったのだが(笑)
新譜CDを購入するのは久しぶりだし、何気に楽しみにしてたカシミール。
北欧のレディオヘッドと呼ばれた前作とはまたちょっと違って、
カシミール独自の世界観がより深まったような印象。
今作に収録されてるトラックの中には、
デヴィッド・ボウイやルー・リードとのコラボもありで。
やはりプロデューサーがトニー・ビスコンティってだけのことはあるなぁと(笑)

b0032346_1245661.jpg

ところで、CDをお買い上げして帰宅してみると、
日本盤の帯とCD裏に記載されてる曲が微妙に違ってることに気づき。
もしかして不良品では?と一瞬ドキっとしてしまったのだが。
開封してジャケの中を見て確認したところ、どうやら帯の方が間違ってるもよう。
帯に記載されてる04の「シー・ボップ」という曲はないみたいだし、
04「オフィーリア」で、05「ダイアナ・ロス」が正解だと自分的には納得済み(笑)
こういったミス・プリントって初めて見たし、珍しいような・・・?
でも、もし「シー・ボップ」という曲があるなら聴いてみたいかも~。
[PR]
by awren | 2006-03-04 16:56 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(2)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧