<   2005年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

The Subways

b0032346_17545553.jpg



"Young For Eternity" / The Subways






サマーソニック05への出演も決まっている
ロンドン郊外のウェルウィン・ガーデン出身の3ピースバンド。
ビリー(G / Vo)とジョシュ(Dr)は兄弟、シャーロット(B)は
ビリーのガールフレンドというメンバー構成からしても、
身近な仲間同士で始めたバンドなのだというのがわかる。

初回限定で日本盤が1,780円という安さにつられて
お試し的な気持ちもあって購入してみたのだが。
期待した以上にヨカッタ!というわけではなかったけれど、
気がつけばいつの間にか頭の中で曲がかかってるてな状態で(笑)

シンプルでストレートなサウンド、若さゆえの疾走感溢れるロッケンロール魂ってやつに
知らず知らずのうちに惹かれるものを感じてるのカモ。
リードシングルのM7「Oh Yeah」を軸に、
メロディアスでアコースティックなナンバーも織り交ぜた聴きやすい構成と。
シャーロットのキュートなコーラスは、彼女の美脚とともにサブウェイズの魅力のひとつ。
何も考えず気持ち良く聴き倒せるアルバムとしてお薦めな1枚。

しかしまあ平均年齢18歳という若さで、
デビュー前なのにグラストなどのビッグフェスティバルに出演し。
日本でもサクっとデビューアルバムをリリースしてしまうような、
イキの良い個性的なバンドがポっと出てくるUKって、オクが深くて面白いなぁ~とつくづく思う。

若さゆえというのかどうか(笑)、メンバーのビリーとシャーロットが婚約を発表したようで。
でもこのシャーロットの発言てビミョウ~な感じしません?
老婆心ながらも、この2人が無事に結婚できることを祈っております。
あとビリーの急病によりショウを切り上げたそうですが、
サマソニでは元気なパフォーマンスを見せてもらいたいですネ。
それにしても具合が悪いのに何てファン思いなんでしょうビリーは。
誰かサンにも見習って欲しいよー(笑)

>>UKオフィシャルサイト
[PR]
by awren | 2005-07-31 19:13 | CD感想 | Trackback | Comments(0)

今週のお買い上げCD

いよいよ昨日から始まったフジロック。
留守番組な私も遠く苗場を思いながら、フジ2日目に参戦してる後輩や知り合いの人達が
楽しんでる姿を想像しながらサマソニ予習に励んでおりますル。
てことで今週はサマソニ組とフジ組のアーティストのCDを1枚ずつ購入。

b0032346_12252438.jpg


"Hal" / Hal




b0032346_1285441.jpg


"Bravery" / Bravery




HALは予想以上に好感触、サマソニで見れるといいんだけどなぁ。
Braveryはチェックを怠ってたら、いつの間にか日本盤が発売になってたという^^;
KaiserやCoralなどフジ組のCDも買ったものの、
今の時期はサマソニ組アーティスト優先なため全然聴けてましぇん。
このままだと聴きそびれてしまいそうな気がしなくもないが…(笑)
まあ、サマソニ後に落ち着いたらってことで(^^ゞ

そしてタワレコでは7/22~8/28までの間、UK CALLINGなるキャンペーンを行っていて。
今回私が購入したCDは2枚ともこのキャンペーンの対象商品になっており、
プレゼントの応募資格があるようなので。
B賞のiAUDIO 5にでも応募してみようかな~(笑)
今なら店頭にて小冊子とUK新人がてんこ盛りのステッカーシートがもらえるヨ。
b0032346_12552882.jpg

[PR]
by awren | 2005-07-30 12:57 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(0)

MAXïMO PARK単独来日決定

b0032346_1149983.jpg

フジロックにも出演するMAXïMO PARKの単独公演が決定しましたね。
フジ組アーティストとしては一番早く発表されたのかな。
この後も次々に決まってくだろうし、今年の秋も来日ラッシュになるのは間違いないかと(笑)
10/5(水)東京 LIQUIDROOM ebisu
OPEN 18:30/START 19:30/TICKET 5,500円 (別途1ドリンク代)

10/6(木)東京 LIQUIDROOM ebisu  
OPEN 18:30/START 19:30/TICKET 5,500円(別途1ドリンク代)

10/8(土)大阪 MOTHER HALL
OPEN 18:00/START 19:00/TICKET 5,500円 (別途1ドリンク代)
即決とはいかず、行こうかどうしようか迷ってたところ。
昨日、NHK-FMのライヴビートのイベントにてMAXïMO PARKのライヴを
見に行ってきた後輩から、『是非とも見るべき』といわれたので行くことに決めました(笑)
ライヴはとても楽しかったようで、特にポールが可愛かったそうです。
ポールに指差しされて目もバッチリ合ったと興奮気味に話す後輩が可笑しかったなぁ(^^)
[PR]
by awren | 2005-07-29 13:35 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(8)

elbow新譜リリース情報

明日からフジロックが始まるし、
いよいよフェスシーズン到来って感じな今日この頃ですが。
MEWやデスキャブなど新譜リリースラッシュも始まってるようで。
そんな中、elbowのニュー・アルバム『Leaders of the Free World』
のリリースも決まったようです。
制作に10ヵ月を要したという本作は、Beckやフー・ファイターズで知られるTom Rothrockを共同プロデューサーに起用し、地元マンチェスターのスタジオにてレコーディングされた全11曲を収録予定。日本盤(V2CP-241 2,520円 (税込))は先行リリースとなる8月31日に予定されており、日本盤のみボーナス・トラックが追加収録される予定。またUK盤は9月12日に予定されており、通常盤に加え、DVD付の限定盤もリリースされる予定です。DVDにはアルバム収録曲すべてを映像化したものが収録される模様です。
いや~いつの間にかアルバム完成してたのね(嬉)
私的には要チェックなバンドなので迷わず買いでしょう♪
しかしこのアルバムタイトルって『Steps』に変わってるのでは?
オフィのNEWSでも『Leaders of the Free World』となってるけど、
HMVやアマゾンでは『Steps』となってるし、途中で変更になったのかなー。

▼とりあえず(笑)、トラックリストは以下の通り。
(01) Station Approach
(02) Picky Little Bugger
(03) Buddha With Mace
(04) An Imagined Affair
(05) Last Bus Home
(06) Leaders Of The Free World
(07) Mexican Standoff
(08) The Everthere
(09) My Very Best
(10) The Steps
(11) Puncture Repair

>>CD Journal
[PR]
by awren | 2005-07-28 13:03 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(0)

台風一過の

青空が広がった今日の東京都心の最高気温は35.6℃ですよ。
ほぼ体温と同じくらいだなんて恐ろしや~(笑)
こんな日は外に出ないのが私のポリシーなれど、
銀行に行く用事があってお昼休みにちょこっと外へ出てみたら、
焼きつくような太陽の日差しがかなりヤバかったです^^;

昨日の台風は関東地方に上陸するかもしれないと騒がれただけあって、
珍しくうちの会社でも早めに帰宅していいということになり。
しかしみんながみんな帰れるというわけではなくて、
「帰りの通勤に影響があると思われる人は自己判断で帰宅してよい」というもので・・・。
この自己判断ってのが難しくてかなり迷うよねぇー。
私の利用してる路線はちょっと危ない予感がしたし、
同じ路線を使ってる人が帰宅するというので、それに便乗して私もさっさと帰っちゃった(^^ゞ
でも電車は普通に動いてて、ちょっと拍子抜けでしたわ。

そんなこんなで早めに帰宅するため急いで仕事を切り上げて退社したので、
慌しくて昨日は気がつかなかったBARKSのニュースがこれ↓
ステレオフォニックスの元ドラマー、スチュアート・ケーブルがバンドと和解したようだ。ケーブルは'03年、バンドに対する意欲が足りないことを理由に解雇されたが、それを不服とし元バンド・メイトを訴えていた。

NME.COMによると、ケーブルは『Wales On Sunday』紙にこう語ったという。「ようやく和解ってとこにたどり着いた。でもまだ、全ては弁護士の手の中にある。片付けなきゃいけない書類がいっぱいあるんだ。だから俺はこれ以上は話せない」またステレオフォニックスのマネージメントも、公式な声明を発表するつもりはないものの、交渉が進んでいることを認めたという。

NMEによると、ケーブルは現在ニュー・バンドを結成し活動を始めることを計画中らしい。彼は「まだシンガーを探してるところだけど、4,5曲は書いたんだ。ステレオフォニックスよりへヴィー(なサウンド)だよ」と明かしている。

一方のステレオフォニックスは9月から大規模なUKツアーをスタート。ロンドンでは3夜連続(9月19~21日)でハマースミス・アポロでプレイする。
これって人間関係的に和解したということじゃなくて、
(印税などを含めた)ビジネス面での和解ってことなのかなー。
ファンとしては仲直りしてまた一緒にプレイして欲しいって気持ちもあるけれど。
ケリー達はもう新しいスタートを切ってるわけだし、
スチュはスチュで新しいバンドを始めようとしてるしね。
それぞれの道を進む彼らを見守るしかないかなぁと。
スチュのドラムプレイは是非ともまた見てみたいし、復活の日を願って☆
[PR]
by awren | 2005-07-27 21:35 | 日常あれこれ | Trackback | Comments(2)

The Tears

b0032346_14121799.jpg



"Here Come The Tears" / The Tears





元スウェードのブレット・アンダーソンとバーナード・バトラーが再びソングライターとしてコンビを組んでのリリース作品。
スウェードに関してはシングル曲を何曲か知っているくらいで
アルバムも3rdと4thくらいしか聴いたことがない私でも。
バンドの活動休止のニュースを聞いた時には
一つの時代が終わったような淋しさを感じたりしたのだが。
そんな時に友達から"Singles"を聴かせてもらったところ。
スウェードってどの曲も1度聴いたら印象に残るような
質の高い作品を送り出してきたアーティストだったんだなーと気付かされ。
もっと真剣にスウェード聴くべきだったなぁと思ったクチなので、
ブレットとバーナードのコンビ復活には、やはり期待感でワクワクしましたね。

スウェード初期のような妖艶でキケンな香りは控え目なれど、
甘く切ないメロディとブレットの艶やかで色香のあるボーカル、
それと刹那的で麗しいバーナードのギターも健在なりで。
全体的にはしっとりとグラマラスなサウンドに仕上がっているかと。
10年以上の空白があったなんてことを感じさせないくらい、2人の息もピッタリだし。
アンダーソンとバトラーのケミストリーもまた健在なりといったところでしょうか。

しかしバーナードのギタープレイって華があるよねぇ。
「Lovers」のPVはそんな彼の魅惑のギタリスト振りが堪能できてオススメ(笑)
ただバーナードの顔がハッキリ映ってないのがちょっと残念。
でも相変わらず細くてギターアクションもキメキメなのでヨシとしとこう(^^)

BARKSではThe Tears特集としてバーナードのインタビューと
黄金コンビ復活のライヴレポートが掲載されてます。
あとサマソニでの来日にあわせて、HMVでのイベントなども予定されてますので、
是非ともチェックしてみて下さいネ。

>>UKオフィシャルサイト
>>日本オフィシャルサイト
[PR]
by awren | 2005-07-24 17:21 | CD感想 | Trackback(1) | Comments(4)

サマソニ、タイムテーブル発表

8/13(sat) TOKYO タイムテーブル
8/14(sun) TOKYO タイムテーブル

まだかなぁ~と思いながら待ってたサマソニのタイムテーブルがやっと発表になりました。
ざっとみたところ1日目の方がスケジュール的にキツイことが判明^^;
2日目はラーズの単独が決まったおかげで、
それほど悩むこともなく意外に時間があるのでゆっくりできるかなと。
でもって自分なりに予定を立ててみたところ、こんな感じになりました。

▼まずサマソニ初日の8/13(sat)

THE SUBWAYS→HAL→THE DEPARTURE→INTERPOL
→MEW→THE TEARS→IAN BROWN

初日から7バンドってちょっと飛ばしすぎかしら^^;
しかし予想通りHALとTHE DEPARTUREが被ってるよー。
HALをちょこっと見てからDEPARTUREに移動できなくもないけど。
うーん、どうしよっかなぁ~。。
あとマウンテンステージのINTERPOLが終わるのと同時に、
ソニックステージのMEWへの移動がスムーズに行くかどうかもちょっと心配なところ。
それと、この日のトリと思ってたイアンが意外と早く終わりそうなので、
DURAN DURANもちょっと見てから帰ろうかなと思案中(笑)

▼サマソニ2日目の 8/14(sun)

CAESARS→ DEATH CAB FOR CUTIE→OASIS

ラーズを諦めるとこの3バンドくらいしかないと分かり、自分でも意外でビックリ(笑)
まあ初日がハードだし翌日のラーズ単独のことも考えると、
このくらいゆっくりできた方がよいのかも。
特に見たいものがないとはいえ、
時間もあるしせっかくだからLITTLE BARRIEやRODDY FRAMEを見ようかな~と。
このスケジュールならラーズを見てからでもオアシス間に合いそうだけど、
どのタイミングで入場規制になるか予想がつかないので、
やっぱり早めにスタジアム入りしといた方がいいかもと思ったり。

ということで、初日はマウンテンとソニックステージの往復で終わりそうだし。
2日目にしてやっと念願の?スタジアムでの観戦ができそうです(^^)
[PR]
by awren | 2005-07-23 13:29 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(0)

夏バテをふきとばそう

今週は夏バテが胃腸にきて体調的にツラかったですが。。
サマソニも控えてることだし、食欲をキープして乗りきらねばということで、
駅ビルにあるアール・エフ・ワンにて、夏バテに効きそうなお惣菜をいくつか購入してみた。



b0032346_21471933.jpg
夏バテ対策にといったらやっぱりゴーヤーチャンプルーでしょ(笑)
てことでこのサラダはハズせません。
一緒に付いてくる和風オニオンドレッシングのおかげもあってか、
ゴーヤの苦味もそんなに気にならず美味しく食べれます。

b0032346_21565519.jpg
そしてこなすのガーリック風味がまたまた美味しいんだってば(^^)
ガーリックのしみ込んだタレをたっぷり付けて召し上がれ~☆
ビールとの相性もバツグンだし、これまた食欲を大いにそそられる一品ですワ。

全般的に値段は多少高めなれど、鮮度や素材にこだわり
健康にも配慮したメニューになってるのでそれなりのことはあるかなぁと。
我が家では献立のレパートリーが不足気味な時に買ったりしてます。
いつもと違うおかずがあるってだけで嬉しいもので(笑)
[PR]
by awren | 2005-07-22 22:27 | 食味感想 | Trackback | Comments(0)

ミント緑茶

b0032346_20544626.jpg

今日は我が家の定番のお茶、レピシエの緑碧茶園ミント緑茶のご紹介。
もともとミント自体あまり好きではない私^^;
アイスクリームのトッピングでチョコミントってあるじゃない?
甘いチョコとミントの組み合わせっていうのが、どうにも納得できなくて(笑)
それとミントキャンディーとかも最後に残して食べない人だったりね(^^ゞ

そんな私もこのミント緑茶は別。
胃腸によいからとのことで購入してみたところ。
最初はまずい…って思ったが、何度か飲むうちにミントの清涼感がクセになってきて(笑)
胃がムカムカする時に飲むと本当にすーっとするし、和・洋菓子どちらにもあうし。
食べ物を選ばない、何にでもあうオールマイティなお茶だと思います。
今の季節はアイスティーにして飲んでもいいかも。
お好みで砂糖やレモン・ハチミツを入れてもオイシイヨ。
[PR]
by awren | 2005-07-22 21:24 | 食味感想 | Trackback | Comments(0)

今週のお買い上げCD

梅雨明けとともに夏の暑さに体がついていけず、すでにバテバテ気味ですが^^;
サマソニまで1ヶ月を切ったことだし、そろそろ予習を始めるべく。
今週はサマソニ組なアーティストを含めてCD3枚を購入。

b0032346_20471032.jpg


"Here Come The Tears" / Tears




b0032346_2056189.jpg


"Young For Eternity" / Subways




b0032346_20502436.jpg


"There's A Fire" / Longwave




今月は2枚のつもりが、来週発売のHALを入れると3枚となりすでに予定オーバーなのに。
もう1枚買おうか迷ってたSubwaysもなんとなくお買い上げしてしまった^^;
だってTearsのすぐ隣に置いてあって目についたし。
初回限定で日本盤なのに1,780円という超お買い得なプライス!
輸入盤の1.790円より10円安いだなんて購買欲をそそられるじゃないですかぁ(笑)
試聴したら若さと疾走感溢れるサウンドが好感触だったし。
もし時間があったらサマソニで見てみたいと思ってるのでとりあえずチェックしとこうかと。

そしてTearsは早速に通勤のおともにして聞き込んでる最中。
スウェード初期を思わせるようなグラマラスなサウンドが◎
どうやら、私のストライクゾーンみたい(^^ゞ
Longwaveは聴き始めると止まらなくなりそうなキケンな予感がするので、
サマソニ後にしとこうと思います(笑)
[PR]
by awren | 2005-07-20 21:23 | 音楽雑談 | Trackback(1) | Comments(2)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧