<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ASHのスペシャルライブ決定!

ASIAN KUNG-FU GENERATION主催のNANO-MUGEN FES.2005で来日する
ASHの東京1回のみのスペシャルギグが決定。
LIQUIDROOM一周年記念イベントのひとつみたいですが、
フジロックに出るシャーロット繋がりで決まったのかな?(笑)
~LIQUIDROOM 1st ANNIVERSARY
liquid surprise 01 day SP~

7.11(月) 東京  LIQUIDROOM
18:00/19:00  6,000円 (スタンディング/ドリンク代別)
私は今年の1月のAX公演を見てるけど会場がリキッドってのがイイナ~と(笑)
残念ながらこの日はCOPELANDと被るのでいけませんー。
彼らのライヴは盛り上がること間違いナシのお薦めものですんで、
行ける方は是非とも、楽しんできて下さい(^^♪

>>SMASH
[PR]
by awren | 2005-05-31 13:00 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(4)

CAESARS

b0032346_1784750.jpg"Paper Tigers" / Caesars
『iPod shuffle』のCMソング「Jerk It Out」で一気にブレイクしたスウェーデン出身の4ピースバンド。
この「Jerk It Out」は前作品に収録されてた曲みたいだが、世界的なヒットを受けて追加収録されて、日本盤ではオープニングトラックとなっている。
ポップでキャッチー、そして60年代風なサイケデリックサウンドは一度聴いたら耳に残るし、
あのiPodのCMに起用されたのも頷けるなぁーと。

北欧のバンドらしい爽やかで透明感に溢れた感触と、
エヴァーグリーンなメロディにグルーヴィなオルガン。
そして程よくガレージロックな要素も絡みあった
シーザーズならではの音世界が広がるこのアルバムを聴いてもらえれば、
「Jerk It Out」だけが彼らの全てじゃないと分かってもらえるハズ。

どの曲も思わず体が反応して踊りたくなってしまうというか…(^^)
なので、気分を盛り上げたい時とかホ-ムパーティーのBGMにはもってこいかも。
あとドライヴのお供にもいいのでは?
その場の雰囲気を盛り上げる要素は充分だし。
CAESARS目当てじゃないし「Jerk It Out」しか知らなくても、
サマソニではかなり盛り上がるんではないかな~☆

私も含めてCAESARSは新人バンドと思ってる人が多いかもだけど、
意外にも本国スウェーデンではすでに3枚ものアルバムを出してる人気バンドであり。
2003年10月に来日公演もしてるのだが、
その頃はMando Diao旋風の真っ只中であまり話題にならずだったみたい^^;
そんな彼らも今やサマソニに出演するまでになったし、
何がキッカケでブレイクするかなんて本当にわからないよねぇー。

>>レーベルサイト
>>オフィシャルサイト
[PR]
by awren | 2005-05-29 18:59 | CD感想 | Trackback(1) | Comments(4)

6月のお買い上げ予定CDリスト

早いもので来週の水曜日からはもう6月。
気がつけば、もう一年も半分まできちゃったということなんだよねぇー^^;
6月といえばうっとおしい梅雨のシーズンだけど、新譜も出るしステフォニライヴもあるしで♪
頑張りたいと思いまーす(笑)

私的にはリリースラッシュでもないけど、メモ書き程度にリストアップしておこうかな~と。
一応、購入を予定してるCDは以下の3枚デス。

●6月1日発売
"X & Y" / Coldplay
"Dirty Words" / Departure

●6月22日発売
"Employment" / Kaiser Chiefs
"Antics - Japan Only" / Interpol

Coldplayに関しては熱烈なファンてわけじゃないけれど、
UK好きとしてはハズせない1枚ですネ。
リード・シングルの「Speed Of Sound」を聴いた感じからは、
以前よりもダイナミックで叙情感溢れる印象を受けただけに。
早く新譜を聴いてみたいという期待感大です。
ただいまBARKSではColdplay特集として
ガイとジョニーのインタビューが掲載されてますよ~(^^)

DepartureとKaiser Chiefsは、心待ちにしてた日本盤てことでこれまた楽しみぃ~♪
Departureはサマソニにも出演するし、このアルバム聴き込んでしっかり予習せねば。
そしてKaiser Chiefsは「I Predict A Riot」のPVがテレビOAされるようになったし。
フジにも来るし、もしかしたらアフターパーティーにも来るかもしれないしで。
これから日本でも露出度アップすること間違いナシだね。
そしてInterpolは1月のライヴを見てヤラれたにも拘らず、
1stも2ndもMDでしか持ってないという不埒なファンだったけれど(笑)
そんな私にとってこのスペシャルエディションはまさに買い!な1枚。
てことでリストにも追加したし、あとは買うの忘れないよーにと☆
[PR]
by awren | 2005-05-28 18:40 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(0)

ロズウェルいよいよ最終シーズンへ

b0032346_201142100.jpg昨年の秋から始まったこのドラマも、
今週放送分でシーズン2の最終回を迎えました。
このシーズン中のクライマックスは、
アレックスを殺した犯人はテスであったということでしょうかねぇ。
すでにNHKで見てるのでストーリーは知ってはいたけれど、
アレックスが殺された理由や
テスが犯人だと分かったキッカケが何であったかとか。
その辺りの記憶が抜けてたおかげで?
一度見てるわりにはドキドキしながら楽しめたような(笑)


で、テスがアレックスを殺してまでも故郷の星に帰ろうとした理由だけど。
ニューヨークでキバーと会合した後テスが襲われた時に、
『私の精神を犯そうとしたの・・・』とか言ってたけど。
きっとあの時に彼らと取引してたんだぁーって勝手に思い込んでただけに、
ナセドが決めたことだと知りちょっと納得いかないんだけどねー(笑)

そしてこの後はいよいよシーズン3が始まるが。
最終回も含めて内容的にどうなの??ってなストーリー展開なのだけれど。
ここまできたら最後まで見届けたいし、なんだかんだ言って楽しみなのだ(^_-)

>>FOXチャンネル公式ページ
[PR]
by awren | 2005-05-27 21:36 | ドラマ鑑賞 | Trackback | Comments(2)

北海道物産展

先日、大丸東京店にて靴をお買い上げして、
キャッシュバックにお買い物券2000円を貰った際に。
店員さんに『ただ今、北海道物産展をやっておりますので、
この商品券で美味しいスウィーツなど購入してはいかがでしょ』と言われてしまったので。
すぐ帰るつもりだったが、忘れないうちに商品券を使ってしまいたかったし、
せっかくのお薦めだったので物産展へ行ってみることに。

8Fの特別展示場へ着いた途端、ものスゴイ人の熱気を感じる。。
OL風な若い女性からオバチャンまで、年齢層は幅広いものの殆どが女性。
そんな雰囲気に圧倒されたのか、私も早く何か買わなくてはと気持ちが焦り始める(笑)
まずは、店員さんオススメの六花亭のマルセイバターサンドの売り場を目指すが。
売り場の地図が頭に入ってないので、何処に何があるのか全く分からず^^;
それでも何とかバターサンドの売り場へ辿り着くと、残りあと5個しかない。
私が1つ手に取った後、売り場の男性が『残りあと4つでーす!』と叫んだと思ったら。
それに煽られるかのようにたちまち売り切れてしまった(*_*)
なんでも北海道でしか手に入らないらしく、さすが人気商品だけあるなーと。

そしてまだ商品券が1000円分残っていたので、他に何かないかなぁ~と物色してたら。
試食させてくれたケーキがとっても美味しかったので、
その場で迷わず購入したのがちとせやのカマンベールチーズケーキ。
口の中でフワっととろけるような食感がたまりましぇーん☆
もっと色々と買いたい気持ちもあったけれど、
人ゴミの中を見て回る気力がなかったので早々に退散(笑)
b0032346_20524535.jpg

今週お買い上げしたCDは以下の2枚。

"Don't Believe The Truth" / Oasis
"Exits" / Boxer Rebellion

オアシスはまだ流す感じでしか聴けてないし、最初はうーん?って感じだったけれど(笑)
ある程度聴かないとこのアルバムの良さは分からないかもと思えるので、
これから暫く聴き込むつもり~。
Boxer Rebellionは色々なサイトでお薦めしてたので購入してみた一品。
こちらも楽しみ♪
[PR]
by awren | 2005-05-25 21:41 | 日常あれこれ | Trackback | Comments(0)

にわかに…

先日ノエル兄さんの発言があったせいなのか(笑)
なんだか、ストーン・ローゼズ再結成が現実味を帯びてきたような・・・>>BARKSより
先日、オアシスのノエル・ギャラガーが「ストーン・ローゼズが再結成するのは時間の問題」と発言したが、今度は元メンバーが再結成の可能性について言及した。ギタリストのジョン・スクワイアが「(グラストンベリーに)カイリーの代わりに俺たちがやるべきだ」と話したという。

スクワイアは、この先の予定についてこう『Time Out』マガジンに語った。「ソロで強烈なギター・アルバムを作ること。それからローゼズの再結成だ。カイリーが(グラストンベリーを)降りただろ? 多分、俺たちがやるべきだな」

80年代後半、UKミュージック・シーンにセンセーションを巻き起こしたストーン・ローゼズ。'95年にドラムのレニが脱退し、翌年初めスクワイアもそれに続く。残りのメンバーでその夏のレディング・フェスティヴァルのヘッドラインを務めたものの、結局バンドは10月に解散した。メンバーは現在、ソロやプライマル・スクリームとして活躍しているものの、ローゼズ復活は常に熱望されているところ。

グラストンベリー・フェスティヴァルでカイリー・ミノーグに代わるヘッドライナーが誰になるのか、まだ発表されていない。シザー・シスターズではないかとの噂も流れたが、バンドはこれを正式に否定。ローゼズへの期待が高まっている。
もしこれが実現したらスゴイことじゃないのー(*_*)
ラーズの再結成といい、2005年はUKロック界とって歴史的な年になるのでは?
ジョン自身が発言してるってことは、かなり具体的に話が進んでるようにも思えるが。
まあ、再結成の前にまずイアンとジョンが仲直りしなくちゃならないけれど、
これは期待できるのかなぁ・・・???
なんだかんだいって暫くはローゼズ復活ニュースから目が離せないワ^^;

そしてコチラでは、ストーン・ローゼズの再結成の嘆願書への署名を呼びかけてます。
もちろん私も署名してきました(^^)
ローゼズの復活を見届けてやろうじゃないかと思ってるアナタの貴重な一票を是非とも!
ファン一人一人の熱い思いがメンバーへ届きますように…。

>>NME
[PR]
by awren | 2005-05-25 10:12 | 音楽雑談 | Trackback(2) | Comments(5)

スクワイヤ画伯の新作

NMEによると。
スト-ン・ローゼズの元ギタリスト、ジョン・スクワイヤのオリジナルアートワークとして
あの伝説のコンサートであるスパイク・アイランドの作品がネットにて5/27より購入できるもよう。

STONE ROSES guitarist JOHN SQUIRE's original artwork for the band's legendary SPIKE ISLAND concert is being issued in 150 limited edition prints.

To commemorate the 15th anniversary of the event, johnsquireart.com is offering the exclusive digital prints for a price of 」250.

Prints will be available for order from this Friday (May 27).

The original image was created by Squire as artwork for the event and subsequently used for T-shirts and posters.

Touted as the Woodstock for the E generation, 28,000 people gathered together in May 1990 at Spike Island to celebrate the fusion of dance and rock.
この他にもローゼズやシーホーセズのアートワークや、
最近のソロセカンドアルバム"Marshall's House"などの作品も購入できます。
ジョンの描く作品は、色使いがキレイだったりモチーフが可愛かったりと、
どれもセンスの良さが光るステキなものばかり。
これを機に私も買ってみようかな~(笑)
[PR]
by awren | 2005-05-24 13:27 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(0)

気になるニュース

ノエル兄さんがこんな嬉しい発言をしてくれてます>>BARKSより
ストーン・ローゼズが再結成するのは「時間の問題」だと、オアシスのノエル・ギャラガーが話している。しかし、この発言は確たる裏づけがあるわけではなく、ノエルの一方的な願望という気もしないではないが……。

NME.COMによると、ノエルはマンチェスターで発行されている『City Life』誌でこう話したという。「奴らには終わってない仕事がある。新しい曲を作らなきゃいけなかったんだよ。もしやらないっていうんなら、奴らはアホだ。マニは喜んでやるだろう。イアン(・ブラウン)とジョン(・スクワイア)に問題があるかもしれない。でも、そんなの解決できるだろうよ」

NME.COMによると、最近、マンチェスターで行なわれたギグにブラウンを除く3人のオリジナル・メンバーが一緒に姿を現しているという。ブラウンとスクワイアの間の確執さえ解決されれば、ことはすんなり運ぶかもしれない。

ブラウンはこの夏、Summer Sonic '05で来日する。最近のコンサートでは、ローゼズのトラックを演奏するようになっているので、もしかして同フェスティヴァルでも聴くことができるかもしれない。
願望でも何でもいいからもっと言ってやって(笑)
そうすれば少しずつでも復活に向けて動きがあるかもしれないしね?
で、私的に一番気になるのがアンダーラインを引いたところ。
イアンを除くオリジナルメンバーっていったら、ジョン、マニ、そしてあのレニのことなの??
引き篭り状態だったレニが人前に姿を現すなんて奇跡だー(笑)
もしこれが本当なら、復活に向けて大きな一歩を踏み出せてるんじゃないかなぁ。
あとはイアン次第って気がしなくもないが、どうなることやら。。

b0032346_20302587.jpg

>>NME
[PR]
by awren | 2005-05-23 20:25 | 音楽雑談 | Trackback(3) | Comments(5)

Umbrellas

b0032346_16371886.jpg"Umbrellas" / Umbrellas
先日、再来日も決まったCOPELANDが所属する
Militia Groupから登場した期待の新人Umbrellasのファーストアルバム。

CDプレーヤーの再生ボタンを押してM1「the city lights」の哀愁あるピアノの音とキラキラしたメロディが聞こえてきた瞬間から、これは私の好みど真ん中な音かも!と直感。
ふわふわドリーミーなボーカルと儚げで繊細なメロディ。
まるでSTARLETSを彷彿とさせるようなサウンドだなぁとも思うのだが、
STARLETSのような煌く透明感とは違ったスモーキーな雰囲気が漂っているような。
そんなUmbrellasワールドから連想されるのは、
周りの景色がぼやけて見えないくらいの細かい霧雨の降る風景であり。
そんなとこも、これからの雨の季節にピッタリな一枚かも。

全体的にはミドルテンポなナンバーが中心だが、
M2「sleep well」でのパワフルなドラムにはドキっとさせられるし。
M6「the black dress」のアップテンポで緊張感あるリズムと、
思いの外、情熱的なボーカルが他の曲とはちょっと異質な感じがしたり。
M10「vampires」のスネアなドラムの音はとってもクールだし。
エンディングトラックの「set the scene」では
スウィートでロマンティックなサウンドを展開していたりと。
なにげにメリハリがあるのと演奏時間が40分弱とコンパクトなので、
アルバム後半で少しダレるトコロがあってもよいなと思える作品。

b0032346_17564110.jpg

そして歌詞カードとCD盤が可愛いったらないので見せちゃいます(笑)
Umbrellasの音世界を色で表現するとしたら、まさにこんな色だと思う。

『when you hear this song i hope your ears bleed』

歌詞カードに書かれたバンドからのメッセージの通り、
聴いた後には爽やかな風が吹きぬけていったような余韻がまたステキです。
オフィシャルでは4曲のみですがフル視聴できるので、是非とも聴いてミテ!

>>オフィシャルサイト
[PR]
by awren | 2005-05-22 18:19 | CD感想 | Trackback(1) | Comments(2)

一目惚れかも

b0032346_17431871.jpg

昨日、今の時期にピッタリな靴をお買い上げしてきました。
私の足は甲が薄くて足の指が長いので、靴選びがなかなかに大変なのです^^;
甲が薄いと足全体が前に滑ってしまうため、
足の指先が曲がってしまうハンマートウにならないよう普段は紐靴を愛用。
なので履ける靴がかなり制限されてしまうんだけど、足の健康第一なので仕方ない。
夏はサンダル、秋冬は紐靴で洋服とコーディネイトできるのだが、
ちょうど今くらいの季節に履く靴がなくてねぇー。
サンダルはまだちょっと早い気がするし、かといって紐靴じゃあ暑くるしい感じがするしで。。
それがここ2、3年ずーっと気になってたから、
今年こそは理想とする靴に出会いたいという意気込みが通じたのか…。

あったのよー!私の探し求めてた靴が!!
左側のスニーカーなんて本当に理想型(笑)
細身なデザインと皮素材なところがカジュアルになりすぎなくて◎だし、
右側のローファータイプのは皮なのにすごーく柔らかくて足にピタっと吸いつくような感触。
あまりにも軽いんで靴を履いてる感覚がないような(笑)
これなら歩いても疲れなさそうだし旅行にもイイカモ。
両方とも大丸東京店内のガボ-ルという靴屋さんにて購入。
ドイツ製の所謂コンフォートシューズってやつですね。
コンフォートっていうとデザインがオバサン臭くてイマイチって印象があるかと思うけど、
探せば履き心地も良くてオシャレな靴もあったりするので。
靴でお悩みの方、一度試してみてはいかがでしょ~(^^)

因みに普段私が愛用してる靴の殆どはMOTOYOSHIという靴屋サンで購入したもの。
コチラも良い品揃えだしお薦めですよ☆
[PR]
by awren | 2005-05-21 18:42 | 日常あれこれ | Trackback | Comments(0)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧