<   2004年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サマーソニック2004

b0032346_1282715.jpg8/7~8の二日間に渡って開催されたサマーソニック2004。
二日目のみですが参戦してきました。
今までは暑いのがダメで諦めてきたフェスだったけれど。
インドア会場のあるサマソニなら参加できるかもと一大決心(笑) 
外は暑かったけれど、屋内はエアコンが効いてて快適だったし。
ライヴを見る事のみに集中できるという、夢のような素敵な一日でした。

この日は、マウンテンステージとソニックステージの往復。
通路が混み合う為、この移動が意外と時間がかかったかなぁ。
会場内では常に入って左側の柵の前方のところをキープ。
顔まではハッキリ見えないけど全体が見渡せてゆったり見れたので、
なかなか好位置だったんじゃないかと☆

まず最初はKASABIANからスタート!
入場規制もあったほどの凄い人気だったけれど。
一つ前のバンドから会場入りしてたので問題なく見れましたわ。
3曲しか知らなかったし、どんなライヴになるのかワクワク。
メンバー登場と共に場内大歓声で、みんなテンション高い高い(笑)
特に「CLUB FOOT」は大盛り上がりでカッコ良かったぁ~!!
イケメンなメンバーの顔がよく見れなかったのが残念だったけど。
単独来日も決まったので、これはチャンスか(笑)

次はTHE VEILSを見るためにマウンテンステージへ移動。
アコギ演奏という事で客もあまり入ってなかったですが。
一人ギターを弾きながら歌うFINNのボーカルはとても素晴らしかった!!!
「LAVINIA」の時なんて感動で心が震えたもの。
最後まで聴きたかったけれど、SECRET MACHINESを見るため途中で会場を抜けました。

再びソニックステージに戻りSECRET MACHINESを観戦。
もっと注目されてるかと思ってたのに、意外と客が少なくてちょっと淋しかったなぁ(笑)
ドラムのバワフルで超ヘヴィな音がカッコ良くて◎
(このドラム君の叩き方が、スチュに似てるな~って思たな)
そこにギターやキーボードの奏でる浮遊感ある音が被ってなんともUKちっく。
私的にかなりツボな音なので、これからプッシュしていきたいと思ってます(^^)

ここで前半終了したので、ちょっと食事休憩してたら。
THE ORDINARY BOYSを一緒に見る香苗ちゃんからメールで、
入場規制になりそうな雰囲気だから早めに来てとの連絡があり
慌ててマウンテンステージへと向う。
メンバーは、最初っから元気一杯の熱~いライヴを見せてくれて。
ステージ上もかなり動き回ってたかと思います。
しかし、この時だんだんと気分が悪くなってきてしまい、
ちょっとヤバい感じがしたので座って休んでた私。
なのであまりよく見れてなかったかも^^;

その次のJUNIOR SENIORも入場規制がありそうな雰囲気だったので、
トイレ休憩もそこそこに会場へ急ぎましたわさ(笑)
嫌な予感が当りソニックステージの前は凄い人だかり。
入場する際に順番待ちさせられたけど、無事に入場できたので良かった良かった。
始まるまで座って休んでたら、なんとか体調も回復。
そしてライヴが始まるやいなや、あまりの楽しさに感動~感極まっちゃったよ。。
日本語で「アツイー」とか、「THANK YOU」と何度も言ってたSENIORが可愛かった(笑)
いや~彼らは盛り上げ方・のせ方が上手い!
会場内は大ディスコ大会と化してました♪

そしてこの日のトリはTHE MUSIC。
彼らのライヴの評判は聞いてたので、是非見てみたいと思ってただけに期待も膨らむ。
そして始まるやいなや、あのグルーヴがなんとも心地よく踊らずにはいられない!!!
香苗ちゃんと一緒に飛んだり跳ねたりと踊りまくりっ☆☆
こんなに暴れたのは久しぶりで、ストレス発散にもなったなー(笑)
演奏曲の半分くらいは新曲だったよね。
終演後もアンコールを求める拍手が続いてて、熱いライヴの余韻がたっぷりでした。
今更ながらTHE MUSICにはまってしまった私です(^^ゞ

今回はマリンスタジアムの方へは足を運べず残念でしたが。
駅へ向かう帰り道で花火も見れたし大満足です~(^^)
これで私の夏も終わり(笑)良い思い出となりました。
メンツにもよるけれど、また来年も行きたいなーて思ってマス☆
[PR]
by awren | 2004-08-08 23:36 | ライヴ感想 | Trackback(1) | Comments(19)

THE DAWN OF NEW WAVE@LIQUIDROOM ebisu

b0032346_18264730.jpg今年もフジロックには参加できなかったけれども。
見たいと思ってた新人バンド達が出演するアフターパーティーが決まり。
これはもうラッキーとしかいいようがない(^^)
てことで、サマソニの前夜祭として楽しんできました♪
会場入りした18:00頃からライヴ終了の23:10くらいまで、
飲まず食わずの殆ど立ちっぱなしだったのでスゴイ疲れました。。。
でもそれ以上にとってもとっても楽しかった!!!
簡単ですがライヴの感想をば♪

●STELLASTARR*
彼らに関しては殆ど知識もなく予習もしてなかった状態で^^;
音的にはなかなか良いかな?とも思えたのだけれど。
なにせ初めて聴いたものでうまく感想できなくてスイマセン。
でもメンバーみんな若くて個性的だし(笑)
最後まで手抜きせず一生懸命に演奏してる姿が好印象だったね☆

●THE STILLS
実は密かに一番楽しみにしてたのが彼らのライヴ。
私が期待した以上の、楽しくて素敵なTHE STILLSワ-ルドを披露してくれた。
CDでのアグレッシブなドラムの音が凄く好きなんだけど。
ライヴでは、更にパワフルにドラムを叩くデイヴの姿に一目惚れ(>_<)
音的には、CDと比べるとキラキラ感は薄れてたもののヘヴィでロックしてたかな。
遊び心あるアレンジもありで、観せ方やノセ方が旨いなーと。
ラストの曲は、デイヴがボーカルをとる「Yesterday Never Tomorrow」で。
始める前にデイヴがMCで沢山喋ってくれて嬉しかったなぁ♪
そして最後の方では、ボーカルのディムがステージに降りちゃうし。
オリバーはスピーカーの上で演奏してるし、デイヴは熱唱しててと凄い盛り上がり!!
なのにギターのグレッグだけは一人淡々と演奏・・・(笑)
ライヴ中のテンションが他の3人とは全く違うんだよね^^;
ギター弾きながらあくびしてたし、、
ステージの上でこんなマイペースな人見るの初めて(笑)
単独来日も決まったし、この機会に是非彼らのライヴを体感すべし☆

●22-20S
このバンドもかなり楽しみにしてたものの、
なにせ疲れがピークにきてたもので。。
あまり集中できてなくて記憶が飛んでしまったこともあったけど(笑)
日本でのデビューアルバムがライヴ盤というだけの事はあるなと。
とにかく演奏が旨いし、音にも厚みがあってCD以上に迫力があったし。
聴いててゾクっとくる瞬間が何度かありました。
11月の単独来日も決まったので、次回はアルバム聴き込んでまた参戦だ~!

●KEANE
そして今回のトリはKEANE。
新人バンドばかりの中で、KEANEはちょっと貫禄みたいなものも感じられたような。
ライヴが始まって驚いたのが、トムの声とアクティブに動く姿(笑)
マイクなしでも充分に聞こえるんじゃないかと思われるほどの声量と。
どこまでもつきぬけていくような透明感溢れる歌声には完全にヤラレた。。
ほっぺたを真っ赤にして、ちょっとださめなアクションで熱唱してくれたトム。
他のメンバー二人とも仲良さそうで、楽しそうに演奏してる姿も印象的だった。
KEANEも単独来日決まって欲しいなー。

今回出演したバンドはどれも個性的でキラキラしてたね。
ぷちフジロックな気分も味わえて、とってもおトクでしたワ。
[PR]
by awren | 2004-08-03 13:23 | ライヴ感想 | Trackback | Comments(0)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧