カテゴリ:スポーツ感想( 7 )

世界フィギュアスケート国別対抗戦2012 ~エキシビジョン

b0032346_17215569.jpg

チームジャパンの優勝で大いに盛り上がった国別対抗戦。
最後に鈴木明子が滑り終わるまでドキドキしながらみてたけど、
エキシビジョン観戦は、そういった緊張感もなくゆったりと楽しめるし、
ペアやアイスダンス、男女シングルの上位選手達が一度に見れるというのも美味しい(笑)
この日も、世界選手権のエキシビジョンを見ているような豪華ラインナップ♪

ゲストで出演した安藤美姫のブラックスワンが見れなかったのは残念だったが、
1部と2部それぞれ1回ずつ滑ってくれて、新しいプログラムを披露してくれたので満足デス。
今季は休養したものの、来季GPシリーズは参戦意向のようだけど。
「試合は中途半端な気持ちではできない。振り付けをして、戦う意欲が湧いてこなければ
早めにキャンセルする」とコメントしているので、なんとも微妙な感じだなぁ~^^;




b0032346_17221832.jpg

予想に反して、この日一番盛り上がったのがジュベールの演技じゃないかな。
曲調がどんどん早くなっていって、会場全体がひとつになったような一体感があったしね。
ソトニコワやデービス・ホワイト組も素敵だったけれど、
個人的にイチオシなのは、ロシアのペアでバザロワ・ラリオノフ組。
優雅で美しい演技は、あの伝説のペア ゴルデーワ・グリンコフの継承者になるのではと期待されてるし、
ソチオリンピックでは、表彰台を狙える実力あるペアですよ。
ロシアの正統派ペアが好きな方は、要チェックかと☆

チーム・ジャパンの団体演技や高橋大輔のヘロへロなマンボの演技も含めて(笑)
エキシビジョンも大いに盛り上がり今季のフィギュアシーズンも終了。
来季は、ソチオリンピックに備えて選手達がどんな成長をみてせくれるのか楽しみ♪
[PR]
by awren | 2012-05-02 17:23 | スポーツ感想 | Trackback | Comments(2)

木下グループカップ フィギュアスケート Japan Open 2011  3地域対抗戦

b0032346_13513618.jpg


この大会が初めて開催された2006年に観戦して以来だから、
なんと5年ぶりにさいたまスーパーアリーナまで行ってきました。
開催場所が遠いこともあり、Kちゃんに誘われた時点では即答できなかったのだが、
男女ともなかなかに良い出場メンバーだったし、最終的には行くことに決定。
でも、プルシェンコとコルピが出場できなかったのは残念。。
怪我や体調不良などによる出場選手の変更はよくあることなので仕方ないけどね。

この日、一番楽しみにしていたのは何と言っても安藤美姫の演技。
今シーズンはこの大会にしか出場しないし、来シーズンはプロへの転向も考えてるらしいので。
これがアマチュアでの最後の競技会演技になるかと思うとちょっと複雑な心境・・・。
まあ、どちらを選択しようとも、私は美姫ちゃんを応援していくつもり☆

そんな思い入れを持って見に行ったのに、結果はチームジャパン惨敗(苦笑)
小塚君や大ちゃんの演技内容がイマイチだったこともあったけど、
トリの美姫ちゃんが大きく挽回してくれるだろうと期待してたのに。
ジャンプはことごとく失敗するわ、スピンはふらつくわで集中力がなくボロボロな演技内容。
昨シーズンのあの緊迫感ある完璧な演技は何処へやら・・・。
良い時と悪い時の差が激しい美姫ちゃんだけど、世界女王としてのオーラは充分だったしヨシとしておこう。

試合結果は、チームノースアメリカが初優勝。
ロシェットとシズニーが好調だったのと、チャンの(えこ贔屓的な?)高得点のおかげかなと(笑)
チームヨーロッパでは、トクタムショワのフレッシュで華やかな演技が光ってたし。
ガチンスキーも含め、これから日本のライバルになるであろう選手達をチェックできたかも。

同日の18:00から行われたカーニバルオンアイスは、TV放送にて観戦したのだが。
安藤美姫のブラックスワンは素晴らしいの一言!
スタンディングオーベーションものですよ。
美姫ちゃんの個性&表現力とブラックスワンの世界観が見事に融合。
こういう演技を見てしまうと、来シーズンもアマチュアを続けてもらって、
競技会で表彰台に立つ美姫ちゃんが見てみたい!って思っちゃうのよねぇ。。


◆木下グループカップ フィギュアスケート Japan Open 2011
http://www.tv-tokyo.co.jp/japanopen2011/
[PR]
by awren | 2011-10-09 15:28 | スポーツ感想 | Trackback | Comments(2)

今丸ビルでこんなイベントが・・・

b0032346_1239235.jpg

1月4日に長野のビックハットで行われた日興 AM ニューイヤーフィギュア2007では
浅田真央選手が愛犬エアロと共演し見事に優勝。
演技中は真央ちゃんに抱かれておとなしく一緒に滑ってる、
ぬいぐるみみたいに可愛いエアロがすごく印象的だったのだが。
そのエアロ繋がりってことなのか(笑)
「ネスレ エアロ」とのコラボレーションでこんなイベントをやってますヨ。

2007年1月2日(火)~1月14日(日)までの期間、丸ビルにフィギュアスケート選手・浅田真央選手と「ネスレ エアロ」とのコラボレーションで『ネスレ エアロスケートリンクカフェ ~エアロ×浅田真央~ in 丸の内』を開催します。

丸ビル1F 丸の内カフェ イーズは期間限定の「エアロカフェ」となり、「ネスレ エアロ」と浅田選手がコラボレーションして作られたオリジナルスイーツメニューをはじめ、浅田選手が着用した衣装や 写真の展示、限定グッズの販売など楽しい企画が揃います。 また1月4日(木)からは、丸ビル1階 マルキューブがアイススケートリンク「エアロスケートリンク」に変身。30m四方の吹き抜け空間に、丸ビル初となる真っ白に輝くスケートリンクが登場します。
セールで 賑わうショッピングの合間やエリアワーカーのアフターファイブに、この期間だけ楽しめる空間となります。さらに親子スケート教室やチビッ子フィギュアエキシビジョンなど、スケートの楽しさやスリルを体感できるイベントも実施します。

いやはや、丸ビル内にスケートリンクが登場とは、ちょっと信じられない気もするけど。
今の先進技術を持ってすれば、そういったことも可能なのでしょうねぇ。
どんなスケートリンクなのか興味あるし、
エアロカフェにて期間中【2007年1月2日(火)~1月14日(日)】しか
食せないというエアロ トリプルアクセルにも挑戦してみたいしで。
時間があったら行ってみようかなぁ☆

それにしてもこのニューイヤーフィギュア2007には、
アイスショーゲストに、あのプルシェンコやスルツカヤが出演してたとは!
うーん、見逃してしまってちょっと残念かも。。

■丸ビルイベント情報
http://www.marubiru.jp/01_event/event/061222-01.html
[PR]
by awren | 2007-01-06 13:15 | スポーツ感想 | Trackback | Comments(2)

グランプリファイナル 世界一決定戦2006

b0032346_13103285.jpg

今年もフィギュアスケート「真の世界一」を決める『グランプリシリーズ』のシーズン到来。
10月26日に行われた第1戦アメリカ大会から第6戦日本大会までの
約2ヵ月間にわたる厳しい戦いを勝ち抜いてファイナル進出を決めた日本選手たち。
(男子シングル:高橋大輔・織田信成 女子シングル:浅田真央・安藤美姫樹・村主章枝)
この2ヵ月間、一度も見逃さずに観戦・応援してきただけに、
ロシアでのファイナルは期待をこめて楽しみにしてたのだが・・・。

昨年、彗星のように現れて鮮やかに優勝をさらい、
グランプリファイナル2連覇を期待されていた浅田真央は2位。
昨シーズンの絶不調から見事に復活をはたした
安藤美樹は5位という結果に終わってしまって残念。。
男子もSP2位の高橋が、表彰台の一番高いところを狙える位置にいながらも、
フリー演技途中で突然の体調不良で完璧な演技ができず2位に。
演技終了後のインタビューでも、高橋は相当具合悪そうだったし、
それでも最後まで滑り切った精神力はすごいなぁと。
友達は、この時の演技を見て彼のファンになってしまったそう(笑)

まあでも、浅田真央にとって今年はディフェンディングチャンピオンという
追われる立場で臨んだ大会だったし。
まだ16歳の彼女に完璧さを臨むのは酷というものかも。
これからの課題は、プレッシャーがある中で自分をどうコントロールするかということと、
演技中に失敗しても立て直していく強い精神力を身に着けることだと思うし。
3月の世界選手権も期待してるけど、4年後のバンクーバー目指して頑張れミラクルマオ!

世界選手権といえば、来年の3月に東京での開催が決定
早速にイープラスで先行予約申し込みしたけれど、
今やかつてないフィギュアスケートブームだし、熾烈な競争が予想されるので。
職場の人達の応援を頼み全部で7人で申し込み(笑)
どれかひとつでも当たるよう祈るのみ☆
日本でしかも東京で見れるなんて滅多にないチャンスだし、
浅田真央やミキティなど日本選手の素晴らしい演技をナマで見ることができたらサイコウ♪

■テレビ朝日~グランプリシリーズ2006 世界一決定戦
http://www.tv-asahi.co.jp/figure2006/
■フィギュアスケート特集@nifty
http://sports.nifty.com/figure/
[PR]
by awren | 2006-12-23 14:21 | スポーツ感想 | Trackback | Comments(0)

フィギュアスケート ジャパンオープン2006 追加公演決定! 

後輩がプレオーダーに当選したおかげで行けることになった
「キノシタグループカップ フィギュアスケート ジャパンオープン2006」
3地域対抗戦
の追加公演が決定しました。

プレオーダー :【受付中】~4/21(金)18:00
一般発売日:4/23(日)10:00

↓公演詳細・お申込みはコチラからどうぞ。
http://click.eplus.co.jp/?5_407735_18787_1

公演日:5/14(日)19:00
会場:さいたまスーパーアリーナ
出場予定選手 :
<日本>荒川静香/浅田真央/安藤美姫/高橋大輔/本田武史
<北米>K・マイズナー/J・ロシェット/J・バトル/E・サンデュ
<欧州>S・マイヤー/K・コルピ/A・ヤグディン/B・ジュベール

なんでも多くのファンから追加公演のご要望が殺到し、
主催者が検討の結果、エキシビション公演の追加開催が決定したそう。
追加公演の方は、本公演と同じ日の19:00からになってるので。
1日に2公演こなすことになる選手達はちょっと大変かもしれないけれど、
華麗な演技を見せてくれることを期待。
それにしてもフィギュアスケートも追加公演があるとはねぇ~。
まあ、グランプリシリーズ以外でこれだけの選手が揃うってのは
めったにないことだろうし、見る価値は充分にあるかと思うので。
前回は落選してしまった人やまだチケットを手に入れてない人には朗報かと。
この機会に是非とも応募してみてはいかがでしょ♪
[PR]
by awren | 2006-04-20 12:58 | スポーツ感想 | Trackback(1) | Comments(0)

プレオーダーに当選したので

b0032346_15571877.jpg

キノシタグループカップ フィギュアスケート ジャパンオープン 2006
3地域対抗戦
に行くこと決定です(嬉)
公演日 : 5/14(日)14:00
会場 : さいたまスーパーアリーナ
出場予定選手:
<日本>浅田真央/安藤美姫/高橋大輔/本田武史
<北米>J・ロシェット/K・マイズナー/J・バトル/E・サンデュ 
<欧州>S・メイヤー/K・コルピ/A・ヤグディン/B・ジュベール
<エキシビション>荒川静香/他
最初にイープラスからのお知らせメールをみた時は、
メンバー的にはなかなか豪華だし見たい気持ちはあったものの。
日曜日だし場所がさいたまスーパーアリーナってことで、イマイチ決めかねてたのだが。
友達と相談した結果、申し込んでみてSS席が当たったら行こうということになり。
とりあえず私が申し込んだのだが、見事にハズレ…。
フィギュアのチケは売り切れ必至だし競争率高いだろうなぁとは思ってたけど、
落選するなんて初めてのことでちょっとショック^^;
完全に諦めモードだったのだが、
発券する前に座席番号が分かれば良い方のチケが取れるかもってことで
一緒に申し込んでくれた後輩が当選したおかげで。
そのチケを譲ってもらってなんとか行けることになりました(^^)
今日が一般発売だったけれど販売予定枚数を終了してるし…。
プレオーダーで取れて本当にラッキーだった♪

やはり旬の荒川静香や浅田真央が見れるのはポイント高いし、
かつての王者ヤグディンやバトル(トリノオリンピック 銅メダル)、
マイズナー(世界選手権・女子シングルで優勝)たちの演技もかなり楽しみ。
できればウィニーやライサチェクが見たかったなぁと思うが、
それはまた来年の東京で開催される世界選手権でのお楽しみってことで☆
広い会場だけにどのあたりになるのかドキドキものだけど、
バトル君の笑顔が近くで見れる席だとイイナっていうのが友達との一致した意見です(笑)
[PR]
by awren | 2006-04-09 16:59 | スポーツ感想 | Trackback(3) | Comments(0)

Torino 2006

2月10日から始まったトリノオリンピックも早くも前半が終了。
今のとこ日本のメダルはゼロ。
時差の関係でなかなかLIVE放送が見れないということや
日本選手の活躍が期待できないということで。
前回と比べてもいまひとつ盛り上がりにかけるオリンピックではあるが、
個人的には楽しみにしてたフィギュアスケートを満喫しとります(^^)

先日行われた男子シングルでは私の予想通りプルシェンコ(ロシア)が金メダル。
パワフルで密度の濃い演技をする選手ながらも、
ビールマンスピンをやったりと柔らかな表現も出来るという素晴らしいスケーター。
なのでこの結果には納得です☆
銀メダルのランビール(スイス)や銅メダルのバトル(カナダ)の演技も
完璧ではなかったものの持てる力を発揮できて良い内容だったのでは。
しかしながらショートプロブラムでは2位だったウィアー(米国)が、
移動バスが予定を変更したため会場入りが遅れるというハプニングのせいで、
フリーでは力を発揮出来なかったのは残念だったし。
昨年の世界選手権で3位のライザチェク(米国)がSPで9位と出遅れてしまい、
惜しくもメダルに手が届かなかったのも残念だったかな。

日本期待の高橋選手は、SPでは5位というメダル圏内での好スタート。
でもフリーで思うような演技が出来なくて結局8位に終わってしまったが。
ミスがなければ世界トップクラスの選手たちと互角に戦える演技内容だと思ったし、
今後、イロイロと経験を積めば次のバンクーバーでは、
男子シングルで日本初の五輪メダリストになれるかも?とちょっと期待。

後半ではフィギュアスケートのアイスダンスに女子シングルも始まるし。
その女子シングルには出場を辞退したミシェル・クワン(米国)に代わって
あのソルトレークシティー五輪で金メダルを獲得したサラ・ヒューズの妹、
エミリー・ヒューズが出場するっていうんだからちょっとビックリで楽しみぃー。
代役とはいえ侮れない存在となるかもですヨ。

■トリノ五輪特集~フィギュアスケート
http://number.goo.ne.jp/torino/game/figure/

[PR]
by awren | 2006-02-19 18:08 | スポーツ感想 | Trackback | Comments(0)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧