グランプリファイナル 世界一決定戦2006

b0032346_13103285.jpg

今年もフィギュアスケート「真の世界一」を決める『グランプリシリーズ』のシーズン到来。
10月26日に行われた第1戦アメリカ大会から第6戦日本大会までの
約2ヵ月間にわたる厳しい戦いを勝ち抜いてファイナル進出を決めた日本選手たち。
(男子シングル:高橋大輔・織田信成 女子シングル:浅田真央・安藤美姫樹・村主章枝)
この2ヵ月間、一度も見逃さずに観戦・応援してきただけに、
ロシアでのファイナルは期待をこめて楽しみにしてたのだが・・・。

昨年、彗星のように現れて鮮やかに優勝をさらい、
グランプリファイナル2連覇を期待されていた浅田真央は2位。
昨シーズンの絶不調から見事に復活をはたした
安藤美樹は5位という結果に終わってしまって残念。。
男子もSP2位の高橋が、表彰台の一番高いところを狙える位置にいながらも、
フリー演技途中で突然の体調不良で完璧な演技ができず2位に。
演技終了後のインタビューでも、高橋は相当具合悪そうだったし、
それでも最後まで滑り切った精神力はすごいなぁと。
友達は、この時の演技を見て彼のファンになってしまったそう(笑)

まあでも、浅田真央にとって今年はディフェンディングチャンピオンという
追われる立場で臨んだ大会だったし。
まだ16歳の彼女に完璧さを臨むのは酷というものかも。
これからの課題は、プレッシャーがある中で自分をどうコントロールするかということと、
演技中に失敗しても立て直していく強い精神力を身に着けることだと思うし。
3月の世界選手権も期待してるけど、4年後のバンクーバー目指して頑張れミラクルマオ!

世界選手権といえば、来年の3月に東京での開催が決定
早速にイープラスで先行予約申し込みしたけれど、
今やかつてないフィギュアスケートブームだし、熾烈な競争が予想されるので。
職場の人達の応援を頼み全部で7人で申し込み(笑)
どれかひとつでも当たるよう祈るのみ☆
日本でしかも東京で見れるなんて滅多にないチャンスだし、
浅田真央やミキティなど日本選手の素晴らしい演技をナマで見ることができたらサイコウ♪

■テレビ朝日~グランプリシリーズ2006 世界一決定戦
http://www.tv-asahi.co.jp/figure2006/
■フィギュアスケート特集@nifty
http://sports.nifty.com/figure/
[PR]
トラックバックURL : http://hacienda.exblog.jp/tb/6232228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by awren | 2006-12-23 14:21 | スポーツ感想 | Trackback | Comments(0)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧