Belle And Sebastian@品川プリンス ステラボール

b0032346_131167.jpg

この日の天気予報では雨が降るとのことだったが。
午後になると日差しも出てきて爽やかな風が心地良く、まさにベルセバ日和となる。
品川プリンス ステラボールは初めて行く会場だったので、
ちゃんと到着できるかどうか不安だったのだが。
地図だけではどうにも分からなくて、やはり迷ってしまう。
2回ほど道順を尋ねたりしてようやく辿り着けた次第。
(駅ビルのWING の中を突っ切っていけば簡単に行けたのにね…)
私が到着した時には、すでに沢山の人が並んでいてちょっとビックリしたのだが。
会場への入り口が映画館や水族館と一緒になっていたからだと分かり一安心(笑)

2階席な私は、とりあえず45度はあろうかと思われる坂道の頂上付近で待つことに。
番号順に会場内へと入れてたのだが、手際が悪いのか何なのか、
開場時間を30分以上過ぎてもまだスタンディングの客が入場し終わらない。
一体いつになったら入れるのか不安になってくる。
その後もかなり待たされた挙句、開演時間ギリギリで入場できたというありさま。
すぐさま2階へ直行するとラウンジがあってちょっと豪華な雰囲気。
トイレはとっても綺麗だし、2階席の椅子なんて
AXとは違ってフカフカでドリンクホルダー付きだし(笑)
ステージも横に広い作りになっていて、
2階からステージまでの距離も近く感じられたのもヨカッタ。
クラシックのコンサートにも使われるだけあって、ライヴハウスとは違った趣きで◎
席に着いて間もなく客電が落ちてライヴがスタート。

メンバーが姿を現すとともに場内は歓声と拍手ですでに大盛り上がり。
ワールドカップが開催されるということもあってか、
日本代表のTシャツを着たメンバーもいたし、
スチュアートなんて代表のタオルを日本の国旗が見えるように首に巻いての登場。
すごくご機嫌な様子でファンサービス100点満点!
全員で9人という大人数で、スーツでビシッと決めてたりTシャツにジーンズという
ラフな格好だったりと、メンバーそれぞれが個性的で一見バラバラに見えるのだけど。
演奏が始まるとピタリと息の合うところを見せてくれるのだから流石です。
CDでの繊細な印象とは違って、ライヴではパワフルで熱いパフォーマンスを披露。
特にスチュアートのアクティブな動きには目を見張るものがあり…(笑)
MCも盛り沢山で観客とのコミュニケーションもバッチリ。
いや~まさかスチュアートがあんなによく喋る人だとは思ってなくて、
これがまた意外だったなぁ。

ステージに9人もいると、一体どこを見たらいいのかって感じになるけれど。
いつも全員が揃って演奏してるというわけでなく、曲によっては出番のないメンバーもいて、
ふと見るとドラムの横でドラムパッドみたいのを叩いてたり、
それぞれの担当楽器以外もプレイしてたりね。
そんなメンバーの細かい動きをチェックするのも面白かったりして(笑)
この日はキーボードテクニックのスタッフの誕生日ってことで、
観客(女性)をステージにあげてバースディソングを歌わせたり。
(マリリン・モンロー風な歌い方で、スチュアートも褒めてたほど上手でした)
そして、いよいよライヴも終盤になってきたところで、
メンバー紹介しながらの"White Collar Boy"への流れは最高!
興奮したスチュアートは客席へ降りて歌うわで会場全体がヒートアップ。
この曲がこんなに盛り上がるとは予想外で、個人的にもこの日のベスト・ソング。
アンコールも入れて約2時間たっぷりのライヴには大満足♪

b0032346_1338152.jpg

ちなみに私が観てた2階席からステージを見下ろすと↑こんな感じ。
こういった横幅のある作りは大人数なバンド向きかも(笑)
とにかく2階席は座り心地が良くて、目を閉じながらベルセバを聴いてると
すごーく気持ち良くて寝てしまいそうになったほどで。
ゆったりまったりとベルセバワールドを鑑賞できたかなぁと。
新譜を中心に過去の作品もバランスよく取り入れてあって、
最近のファンにも昔からのファンにも、心地良く楽しめたセットリストだったと思うし。
なぜベルセバが日本でこんなに人気があるのか分かったような気がして、
またひとつ心に残る素敵なライヴが観れた夜でした。


6/4/2006@品川プリンス ステラボール
**Set List**(全曲原題)
01.Le Pastie de La Bourgeoisie
02.Another Sunny Day
03.Funny Little Frog
04.Dylan In The Movies
05.Sukie In The Graveyard
06.Electronic Renaissance
07.The Lonliness of the Middle Distance Runner
08.To Be Myself Completely
09.Piazza, NY Catcher
10.This is Just a Modern Rock Song
11.For The Price Of A Cup Of Tea
12.If You're Feeling Sinister
13.The Blues are still Blue
14.(Happy Birthday~for Mark)←キーボードテクニシャンの誕生日に観客を
ステージに上げ「ハッピーバースデー」を歌わせました。
15.I Could Be Dreaming
16.I'm A Cuckoo
17.The Wrong Girl
18.White Collar Boy
19.Judy And The Dream Horses
---------------
20.Get Me Away From Here,I'm Dying
21.I don't love anyone

■ライヴレポート(Smashing Mag)
http://smashingmag.com/tour/06tr/060603bas_nob.html

■レーベルサイト
http://www.toshiba-emi.co.jp/reservoir/artists/international/belle/
NHK総合「POPJAM DX.」(ポップジャム・デラックス)(22:00~23:28<総合>)
への出演が7/3(月)に決定!是非ともチェックしてみて(詳しい情報は→コチラ)
[PR]
トラックバックURL : http://hacienda.exblog.jp/tb/5108158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from NaoLOG at 2006-06-26 23:23
タイトル : BELLE AND SEBASTIAN@品川プリンス・ス..
6月4日 BELLE AND SEBASTIAN@品川プリンス・ステラボール 今年に入って3人目の「愛すべき*変人*」スチュワート!(1人目はSNOW PATROLのギャリー、2人目はEditorsのトム。)スチュワートのダンスの可愛らしいこと! Funny Little FrogのVCでスチュワートのダンスを見ることができます。(1分40秒過ぎが特にオススメ。笑) Funny Little Frog (View→)... more
Tracked from ぴら@リアル at 2006-06-29 01:35
タイトル : Belle And Sebastian @ 品川ステラボール
めっちゃ、暖かく、楽しいライブでした。 セットリストを眺めながら推敲したのですが、書き直し。 もっと予習しとけばよかったなぁ。 今回すべての日でセットリストをかえてたり、アンコールはどうもその場とノリで曲を決めてたような感じです。 さて、レポート 客電が落ちてザワザワしてる間もなく、 スチュアートのソロボーカル&アコギでスタートしたベルセバのライブ。 最初の曲は「The stars of track and field」 だんだんとバンドメンバーの音が厚みを増していくという...... more
Commented by Nao at 2006-06-26 23:23 x
awrenさん、こんばんは~
TBありがとうございました。こちらからも送らせていただきますネ
そうだそうだ、7/3のPOPJAMを忘れるところでした。
(思い出させてくれたawrenさんに感謝☆)

私、ベルセバってアーティスト気質が強くて気難しいというイメージを
勝手に抱いていたんですよ。
だからスチュワートが踊りだした時は、ビックリ!
なんだか最初から最後までずっとニコニコ笑顔で聴いていた気がします。

>メンバーそれぞれが個性的で一見バラバラに見えるんだけど。
>演奏が始まるとピタリと息の合うところを見せてくれるのだから流石です。
ホント、個性はバラバラなのに不思議と融合していて
ヘタうま?(笑)具合も温かで、すばらしいライヴでした。

さーて。次はCOLDPLAYですよね。
サポートアクトにEmbrace・・・という夢は実現しなくて残念。ぅぅ
Commented by awren at 2006-06-30 13:01
>Naoさん
コンニチワ。
こちらこそコメント&TBありがとうございます☆
POPJAMとベルセバって結びつかないけれど(笑)
それだけに、どんな内容になるか楽しみですよネ。
記事に書いた自分が忘れてしまっては困るので
そろそろ予約録画セットしなくっちゃ(^^ゞ

ベルセバって以前はインタビュー嫌いでライヴもあまりやらない
謎めいたバンドと言われてたらしいですが(笑)
あのライヴからすると、ファンとのコミュニケーションを大切にする、
メンバー達の人柄も◎で温かみのあるバンドという印象だし。
そんな時代もあったのかと思ってしまいますよねぇ(^^)

COLDPLAYはEmbraceと一緒に来日というわけにはいかなそうですが。
先週くらいからボチボチと予習を始めたところで、
それなりに楽しみになってきてマス。
今のトコ、何故か2ndにハマってたりしてますー(笑)
Commented by pirai2 at 2006-07-02 00:56
awrenさん、コンバンワ。コメント遅くなってごめんなさい。
ステラボールのフカフカソファ、結構侮れないですよね。土曜日のライブはライブ向きの曲が多かったですし、ある意味変幻自在だったのですが、日曜日もいろんな意味で変幻自在だったようで^^
POPJAMすっかり忘れてました、ありがとうデス。彼らのライブがまた見れるのがすごく贅沢です♪

COLDPLAY私も行きますよ~。予習も結構ばっちりな感じです。
クリスもスチュアートに負けず劣らず動き回りますよ~。(種類違いますけどね(笑))日本での初の単独公演楽しみです♪
Commented by awren at 2006-07-05 11:09
>ぴらさん
コンニチワ。
コメントお待ちしてましたよぉ~(笑)
ステラボールの2階席は、既に体験済みだったとは☆
あの椅子はホントに座り心地満点ですよネェ。
両日とも大盛り上がりだったようで、
彼らのライヴはハズレなしといったところでしょーか♪

POPJAMは録画して見ましたが、なかなか登場しないので
本当に出演するのだろうかと心配になったりしたけど(笑)
インタビューの後、スタジオライヴを披露してくれました。
最初のうちは座ってピアノを演奏していたスチュアートが、
途中から我慢できないという感じで立ちながらピアノを弾いてたのが印象的で。
ステラボ-ルのライヴが思い出されました(^^)

ぴらさんもCOLDPLAY参加ですね~。
公演日は違うかもしれないけれど、お互いに楽しみましょう!
サッカーW杯は、ぴらさんが応援してたスペイン負けてしまって残念でしたね。。
個人的にはイタリアが決勝進出を決めて嬉しい限りなのですが、
イングランドの敗退は非常に悲しかったです(T_T)
そんな時にCOLDPLAYを聴いたせいか、やたらと心に染みましたヨ。
by awren | 2006-06-25 14:20 | ライヴ感想 | Trackback(2) | Comments(4)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren