MEWライヴから早くも1週間

b0032346_2191125.jpg

ライヴの余韻もさめやらぬ先週のこと。
スペイン坂スタジオにて、MEWが生パフォーマンスを披露するという情報を2ちゃんねるにてゲット。
TOKYO FMはクリアに受信できるし、せっかくだから聞いてみることに。

番組に生登場したのはヨーナスとボーの2人。
「ボクタチハデンマークノミューデス。」といきなり日本語で挨拶するヨーナス。
その後に「ヨロシクオネガイシマス。」と言ったのには、
DJの方が「Perfedct!」と絶賛するほど完璧な発音で私もこれまたビックリ(^^♪
しかしながらライヴで日本語で歌うことはすごく難しくて努力しているとのこと。

DJの方も29日のクラブチッタのライヴに行き、MEWの世界観にかなり感動した様子。
そこでメンバーにとってステージとはどんな場所なのかという質問に、
「Playground」(校庭のような場所)だと。
ライヴ自体を楽しみ、自分達を出せるようになってきたと言ってました。

この後、日本のファンへのクリマスプレゼントとして。
「She Came Home for Christmas」をアコースティックスタイルの生演奏で聴かせてくれる。
ラジオの向こう側とはいえ、ナマで聴くヨーナスの声と美しいメロディにジーンとなる。。
この時、ヨーナスは目を閉じて歌ってたのだが、その時何を思い浮かべてましたか?という質問に。
横から「ボクが裸の姿でしょ?」とツッコミを入れるボーに、思わず笑ってしまう(^^)
ヨーナス自身が言うには、無意識の状態で完全に音の世界に入り込んでしまうそう。

映像に出てくる摩訶不思議なキャラクターは何を象徴してるのか?という質問には。
もともとはスィラスが実際にアニメーションを描いてるとのことで、
粘土で作ってアニメにしてイメージをふくらましていくらしいですよ。
「だから粘土キャラの口の中にスィラスの指の跡がついてるんだよ~。」てなことも言ってました(笑)

あとはデンマーク流クリスマスの過ごし方についてという質問で。
ポークやローストダックなどご馳走を食べて、赤ワインを飲んで、プレゼント交換をしたりと。
食後は友達と一杯飲みにバーに出かけるんだそう。
「毎年一緒だよ」と言ってました。

最後はファンへのメッセージということで、
「ショウやライヴを観に来てくれてありがとう。 みんなのサポートがあるからありがたく思ってるよ。
そして最後の最後も「ドウモアリガトゴザイマス!」とこれまた綺麗な日本語で締めくくってました。

あの不思議なキャラクター達は、スィラスを中心に粘土で作られたとは初耳だったし。
ライヴでのMCもそうだったけれど、ボーのジョークは面白いしで(笑)
ステージでの彼らとはまた違った一面を知ることができて、なかなかヨカッタ。
Mewのツアーは終了したけれどヨーナスはまだ日本にいるようで、
今日のJunior Seniorにも観に来てたそうな(笑)
[PR]
トラックバックURL : http://hacienda.exblog.jp/tb/3876240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by echang0331 at 2005-12-11 11:14
MEWラジオ出てたんですね。自分も聞けばよかった。でもラジオとかだと全然スィラスはなしてなさそう(笑)数号前のロッキンオンのインタビューでも一回も名前出てこなかったし。ライブのときもそうでしたがヨーナス、大分日本語の発音いいですよね。こうゆうサービス精神はありがたいものですよね☆
Commented by awren at 2005-12-12 10:40
>echangさん
2年前の来日時は、インストアイベントやラジオ出演など盛り沢山だったのに。
今回は何もないのかなぁ~と思ってたら、
TOKYO FMとあとインターFMにも出てたようですよ。
スィラスは控えめで大人しい性格なので(←そこがヨイのですが)
ある意味、インタビュアー泣かせかもしれませんね(笑)
ヨーナスの日本語、本当にビックリするくらい上手いです。
この次は、カンペなしで歌えるくらい上達してるかもしれませんネ。
by awren | 2005-12-07 22:24 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(2)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren