The Subways

b0032346_17545553.jpg



"Young For Eternity" / The Subways






サマーソニック05への出演も決まっている
ロンドン郊外のウェルウィン・ガーデン出身の3ピースバンド。
ビリー(G / Vo)とジョシュ(Dr)は兄弟、シャーロット(B)は
ビリーのガールフレンドというメンバー構成からしても、
身近な仲間同士で始めたバンドなのだというのがわかる。

初回限定で日本盤が1,780円という安さにつられて
お試し的な気持ちもあって購入してみたのだが。
期待した以上にヨカッタ!というわけではなかったけれど、
気がつけばいつの間にか頭の中で曲がかかってるてな状態で(笑)

シンプルでストレートなサウンド、若さゆえの疾走感溢れるロッケンロール魂ってやつに
知らず知らずのうちに惹かれるものを感じてるのカモ。
リードシングルのM7「Oh Yeah」を軸に、
メロディアスでアコースティックなナンバーも織り交ぜた聴きやすい構成と。
シャーロットのキュートなコーラスは、彼女の美脚とともにサブウェイズの魅力のひとつ。
何も考えず気持ち良く聴き倒せるアルバムとしてお薦めな1枚。

しかしまあ平均年齢18歳という若さで、
デビュー前なのにグラストなどのビッグフェスティバルに出演し。
日本でもサクっとデビューアルバムをリリースしてしまうような、
イキの良い個性的なバンドがポっと出てくるUKって、オクが深くて面白いなぁ~とつくづく思う。

若さゆえというのかどうか(笑)、メンバーのビリーとシャーロットが婚約を発表したようで。
でもこのシャーロットの発言てビミョウ~な感じしません?
老婆心ながらも、この2人が無事に結婚できることを祈っております。
あとビリーの急病によりショウを切り上げたそうですが、
サマソニでは元気なパフォーマンスを見せてもらいたいですネ。
それにしても具合が悪いのに何てファン思いなんでしょうビリーは。
誰かサンにも見習って欲しいよー(笑)

>>UKオフィシャルサイト
[PR]
トラックバックURL : http://hacienda.exblog.jp/tb/3221212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by awren | 2005-07-31 19:13 | CD感想 | Trackback | Comments(0)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren