STEREOPHONICS@Shibuya O-East

b0032346_11555453.jpg2003年サマソニ後から、彼らの単独公演を
指折り数えて待っていただけに。
少々興奮気味ながら
気合も充分に待ち合わせの渋谷駅へ。
今回のShibuya O-Eastは私にとっては初めての会場だったが、
一緒したlisaさんが先週tahiti80ライヴで下調べ
済みだったので。
道案内はお任せしちゃったし(笑)
場内の様子など教えてもらえて助かりました。

そしてこの日はいつも遊びに来てくれる
hiroyoさんと会うことになってたので楽しみにしていたのだが。
何しろムシ暑くて会場に着いた時点で汗びっしょりでグッタリ気味なのに。。
落ち着く暇もなくすぐに整理番号順に並んでしまったので、うまく合流できず。
とりあえず場内へ入って場所取りしてからまた連絡することに。

開場時間となり中へ入ってみると。
リキッドより少し小さいくらい?でさほど大きいハコではないのだが。
天井が高いせいか開放感があるし、ステージも高くなっていて見やすいし。
lisaさんお薦めな会場だけあるワと納得(笑)
ちょっと迷ったものの、フロアの真ん中辺りのケリー側左寄りの柵を確保。
ソールドアウトだけにだんだんと人で混み始め。
前にデカイ男の人が立ったりしたので見えないかと心配したが。
始まると同時に前の方へ移動してったので視界もスッキリ。
男女の比率は半々くらいという感じだったが、なぜかカップルが多かったような。

この日はオープニングアクトがなく、18時を少し過ぎたくらいにスタート。
ケリー達が登場するやいなや凄い声援と歓声に包まれ、自分のテンションも一気に上がる。
1~2曲目は最新作からのナンバーで曲順もアルバムと同じ。
演奏が始まったその瞬間からライヴバンドとしての実力をみせつけられたって感じで、
3ピースとは思えない音圧と迫力に痺れっぱなしの金縛り状態。
もうね、「カッコ良い!!!」って言葉しか浮かばない。

「Madame Helga」が終わった辺りだったと思うんだけど。
暑くなったのでケリーが着ていた皮ジャンを脱ぎサングラスも外そうとしたら。
客がワーと喜ぶもんだから、やっぱり外すのやめてまたサングラスをつけると。
この動作の繰り返しで客を煽るケリー。
これって昨日のライヴでもやってたそうで(笑)
お約束っていうよりも、客の反応が面白くてケリー自身ハマっちゃってるのカモ。
そんなオチャメな一面もみれて場内も良い雰囲気に。

その後、「A Thousand Trees」から3曲続けてファーストからのナンバーが続いて、
早くもこの日最初のハイライトを迎える。
会場内大盛り上がりだったのはいうまでもなく。
やはり他の曲の時よりも一段とヒートアップしてるのがよく分かる。
ジャンプはするわ、手拍子は起こるわ、腕を振り上げるわ。
もちろん私もノリノリで参加(笑)
「Rewind」は歌詞も含めて大好きな曲なので全身で聞き入る。
そして「The Bartender And The Thief」では、遂にクラウドサーファー出現!
もしかして…とは思ってたけど本当に観れてちょっと興奮(笑)
さらにリチャード後方のPA棚の上にあった赤いパトカーランプが点灯し始めると。
東南アジアの軍事基地らしき所で演奏してるという
この曲のPV映像が頭に浮かんできてまたもやめちゃくちゃ盛り上がる自分!

続く「Brother」は、ファーストやセカンドで盛りあがった後だったからなのか、
なんだか曲自体が浮いてるように感じたのだが。
ケリーのギタープレイに見とれてるうちに曲にもぐいぐい引き込まれてしまう。
そこから先は新譜からのナンバー中心で畳み掛けきて
本編最後の「Dakota」では観客の熱気もピークに達し、心地良さを感じながら終了。

アンコールは、ケリーのエレキギターでの「Maybe Tomorrow」弾き語りで始まり。
サビの部分は客も一緒に歌ったりして合唱となり、
なんとも暖かいヴァイヴに包まれながらケリーの声の素晴らしさを堪能する。
また「Just Looking」では放射線上に伸びた光りの線がクルクル回るライトの演出が、
曲の雰囲気と合っていてとてもキレイで印象的だったし。
そしてそしてまさか最後に「Local Boy In The Photograph」を持ってくるとは!!!
最後の最後はステフォニらしい元気いっぱいな曲で終われてサイコウでした♪
最後の曲と聞いて残念がる客に向かって、
明日もリキッドでライヴあるしチケット残ってるからきてね…と咳払いしながら言ってたケリー。
可愛かったですよ(笑)
演奏後は、また来年もくるから!てなこと言ってステージを後にしてました。

b0032346_12484540.jpg

セットリストみると20曲になってるし、1時間半くらいは演奏してくれたのかな。
最初の方ではケリーの声(高音)が出てなかったり、
PAのせいか音の悪さが目立ったりして残念だったけれど。
そんなことなど吹き飛ばしてしまうくらいの圧倒的なパフォーマンスと
初期の頃の曲も織り交ぜながらバランスのとれたセットリストでファンを魅了。
私的にはやや体調不良だったけれども完全燃焼できたし大満足☆

ライヴ後はhiroyoさんとも無事に合流できて、
軽く食事しながら音楽談義でひとしきり盛り上がり楽しい一時を過ごせました。
みなさんお疲れさまでした(^^)

まあ、本国との温度差がまたもや目立ってしまったところもあったが(笑)
良いものは良いということで、
これからもステフォニを応援していく気持ちに変わりはないし。
早くも次の来日が待ち遠しいぜい♪♪




6/18/2005@Shibuya O-East
◆Set List◆
01.Superman
02.Doorman
03.Madame Helga
04.Vegas Two Times
05.A Thousand Trees
06.More Life In A Tramps Vest
07.Last Of The Big Time Drinker
08.Rewind
09.Roll Up And Shine
10.The Bartender And The Thief
11.Brother
12.I'm Alright(You Gotta Go There To Come Back)
13.Deadhead
14.Girl
15.Pedalpusher
16.Dakota
◆Encore◆
17.Maybe Tomorrow
18.Just Looking
19.Devil
20.Local Boy In The Photograph
[PR]
トラックバックURL : http://hacienda.exblog.jp/tb/2966460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from NaoLOG at 2005-06-19 23:46
タイトル : STEREOPHONICS@渋谷O-East #2
では改めて。 6月17日/ステレオフォニックス@渋谷O-east チケットは17日と19日と両方押さえていたのだけれど、最悪どちらへも行くことができないかもしれない状況で(不良主婦でも優先しなければならないことが多々あるのよ)半ば諦めかけていたの。でも無事17日に参戦できることになって・・・ この頃一緒にギグへ行くことが多いS君と渋谷で待ち合わせ、軽くご飯を食べよ〜ということになり時間もないのでモスバーガーに入る。最近忙しくて、私にとってかなりハードな一週間で心身共に疲れがピ...... more
Tracked from Goodfeeling☆ at 2005-06-20 23:42
タイトル : STEREOPHONICS@Shibuya O-East
10日ぶりのO-EAST。今度はSTEREOPHONICSのライヴです♪今回ご一緒するawrenさんと渋谷駅前で待ち合わせして、会場へ向かうと、O-EASTの前になにやら行列が…。『え!?ステフォニこんなに大人気!?』と思いつつ列の客層を見ると、ちょっと違う気が。入り口まで進んでみると、別の人のラ... more
Tracked from in NY ( not .. at 2005-06-21 03:43
タイトル : Stereophonics 2005/5/18@Shib..
行ってきた。生で見るのは初めて。 厳密は微妙に2回目だ。The Black Crowesの来日のとき、 最後にはゲストでケリーとドラマーの人…がTwice As Hardを一緒にやっていた。... more
Tracked from FULLTIME net. at 2005-06-26 10:36
タイトル : STEREOPHONICS LIVE REPORT
6月17日(金)@On AIR EAST 今日はSTEREOPHONICS(以下ステフォ)のライブ! 大学時代の友達と2人で行きました。 ステフォを初めて知ったのは98年のフジロックでした。 見た瞬間にかっこいいと思い、速攻で1stを買いました。 それ以降のファン。 でも、3rd、4thとカントリ..... more
Tracked from SOULTRAIN at 2005-09-25 21:46
タイトル : Stereophonics/Language.Sex.V..
Sterophonicsの5作目、転換点を迎えて全てがフレッシュに。「Language.Sex.Violence.Other?」。 前作、「YouGottaGoTheretoComeBack」が全英チャート1位を3周連続で達成し、アルバムの通算売り上げも700万枚を突破。勢いに乗っているSterophonicsの5作目である。 前...... more
Commented by Nao at 2005-06-19 23:53 x
TBありがと~。
昨日もサングラスで遊んだのね(笑)
一昨日一緒に行ったコが今日も行って
「一昨日より今日の方が1stからの曲がさらに多かったよ」って。
毎日セットリストをかなり変えているみたいで・・・リスペクト。
Musical Batonは今度やってみますね♪
Commented by lisa at 2005-06-20 00:29 x
お互い体調不良気味(私は自業自得)でしたが、
楽しかったですね~!!
いやはや。。
ここまでちゃんとしたレポが果たして私に書けるか・・・。
でも、頑張りますー☆

セレクトアルバムをセットリスト順にPC上に作って聞いているのだけど…
セットリストになかった曲であれもこれも聞いてみたかったのが沢山ありました。
今日も行けばよかったかしら!?!?
あと。やはり1stを持ってないのは辛いッス...。
ライヴ中もちょっと寂しかったし(笑)
Commented by awren at 2005-06-20 19:52
>Naoさん
サングラスで遊ぶケリーの無邪気な笑顔に負けましたね(笑)
東京最終日でもやったのでしょーか?
気になるところ(笑)

客の反応を見てセットリストを変えていくなんて、
さすがですよね~(^^)
オアシスにも見習ってほしいなぁと思います(笑)

>Lisaさん
私も2ndや3rdの曲とか、聞いてみたかったの沢山ありすぎ!
昨日は一日中ステフォニを聴きながら、
行けばよかったと後悔しとったです(笑)
次回の来日時には連続ライヴに挑戦してみる?!?!
それまでには1stもバッチリだろうから一緒に楽しめるしね(笑)

2人とも体調万全ではなかったけれど、大満喫でしたネ。
ステフォニパワーはやはり凄い!!
てことでlisaさんライヴレポ、頑張って下さいマシ。
Commented by WOLFGANG at 2005-06-21 23:43 x
ライヴお疲れ様でした☆
ケリーがサングラスや革ジャンを着たり脱いだりしたってのが
おもろかったです(^^)
彼って見た目通りにクールな人間だと思ってましたが、
結構お茶目なんですね。
ちょっとイメージが変わりました(笑)
リキッドのチケットが余ってたのなら見に行けば良かったなぁ~。
次は是非!
Commented by awren at 2005-06-22 14:04
>WOLFGANGさん
長たらしいレポ、最後まで読んでくれてありがとうです(笑)
以前、ケリーがローゼズのことは嫌いだみたいな発言してたもので、
あまり良い印象はなかったのですが^^;
サングラスの一件で、私の中でもかなりの好感度アップです(笑)
彼らのライヴは本当に素晴らしいので、WOLFGANGさんも次回こそは是非とも!!
by awren | 2005-06-19 20:47 | ライヴ感想 | Trackback(5) | Comments(5)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren