奇跡は起こるのか

元ローゼズのオリジナルメンバーであるレニがバンドの再結成について語っています(POCKET VIBEより)
マニとレニがマンチェスターで一緒にいるところを目撃され、ザ・ストーン・ローゼズ再結成のウワサが過熱している。元ローゼズのメンバーである2人は、5/28にマンチェスターで開催されたイベント "カーリング24" でのザ・コーラルのステージを観るために連れ立って会場に現れた。そこで彼らはバンドの再結成に乗り気であることを認めたのだ。

レニは「BBC Six MUSIC」に次のように語っている。「何とも言えないが、年内ではないだろうな。マニと一緒にやるつもりだ。それは確実さ。俺は今、自分とアイツのために曲を書いてるんだ」。

一方、以前はサッカーのヨーロッパ・カップでマンチェスター・シティが優勝した場合のみバンドの再結成はありうると語っていたマニだが、再結成について現実的に考えてることを認めている。「俺はやりたいと思ってるよ。純粋にこの男(レニ)とまた一緒になるのを楽しみたいからね」。

なお、同イベントの一環として元バンド仲間のイアン・ブラウンもライヴを行ったが、2人とも彼のライヴは観なかったようだ。しかしザ・コーラルのパフォーマンスには大満足の様子であった。
以前NMEに載ってた記事によると、マンチェスターで行なわれたギグに
イアンを除く3人のオリジナル・メンバーが一緒に観に来ていたということだったが。
どうやら3人ではなくてレニとマニの2人だったみたいです。
となるとジョンのあの発言は彼一人の妄想か??とも思えなくもないが(笑)
レニが本格的に音楽活動を再開、それもマニと一緒にだなんて・・・。
これだけでもローゼズファンにとっては充分すぎるビッグニュースかと。

このインタビューの模様はテレビ放送されるようで、見れる方が羨ましいー。
少しずつだけど再結成へ向けて動き始めてるのが実感できる出来事だし、
やはりマニが橋渡し的な役割を担ってるんだなぁーとシミジミ思う。
残る大きな問題はジョンとイアンの関係の修復でしょうねぇ。
再結成に前向きなジョンと後ろ向きなイアン(笑)
こういった動きを受けて、今後イアンがどういった出方をするのか大いに注目されるところ。

因みにストーン・ローゼズ再結成の嘆願書への署名のサイトは、
残念なことに削除されてしまいましたが。。
ご協力して下さった皆さん、ありがとうございました(^^)

>>NME
[PR]
トラックバックURL : http://hacienda.exblog.jp/tb/2867417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by awren | 2005-06-03 22:55 | 音楽雑談 | Trackback | Comments(0)