KEANE@ZEPP TOKYO

b0032346_120441.jpgいよいよ今年最後のライヴとなりました。
ここまで長かったようなアッという間だったような(笑)
ZEPPで見るのはGOO GOO DOLLES以来だから約2年振りかぁ~。
(因みにZEPPでの初ライヴはインキュバスでした)
ここ最近はクアトロとリキッドルームでしか見てなかったし、先週のLDOAはアストロホールだったしで。
小さいハコに慣れ切ってた私にとっては、ZEPPがかなり広く感じられた。
会場入りして最前列から次の柵のとこのほぼトム正面の位置をキープ。
目の前にデカイ人がこなければ、なかなか良いポジションじゃないかと♪

開演を待つ間ステージを見てみると、
アフターパーティー時とは違って照明が沢山置いてあるのに気づく。
ライティングに凝った演出になるのかな。
30分くらい経った頃、スタッフが出てきて機材の点検・調整をし始める。
そしてキーボードやドラムにかぶせてあったシートがとりはらわれて、
KEANEのロゴマーク入りのドラムがお目見えすると
会場内からは「お~」と思わず歓声が上がる。
正真正銘、あの独特のシルエットのドラムセットを目の前にして私もちょっと感激☆
今までのようにドラムとキーボードが向き合う配置ではなくて
今回はドラムがステージ中央の後方に置いてあり、
機材も増えてステージ右側にはティム用のキーボードが2台、
そして左側にもう1台キーボードが置いてある。
ティム用キーボードの後方に見えるノートパソコンの壁紙はもちろんKEANE印(笑)

b0032346_1250058.jpgこの広い会場が埋まるのかちょっと心配だったけれど。
ライヴが始まる頃にはかなりの人でいっぱいになり私の周りはすごい熱気。
開演時間を10分くらい過ぎた頃メンバーが登場。
話には聞いてたけれど、髪が伸びてクルクル巻き毛なトムにはちょっとビックリ(笑)
髪切ったティムはさっぱりした感じでリチャードは相変わらずでした。
オープニングの「Can't Stop Now」から、もう待ってましたといわんばかりの盛り上がり。
私の周りでは一緒に歌うわ、叫ぶわでかなりのヒートアップぶり。
最初のうちはこの周りの迫力にちょっと圧倒されつつも。
「Snowed Under」での伸びやかでどこまでも突きぬけてゆくトムの歌声を聞いて、
心の中で何か弾けるものを感じた瞬間から、自分も周りの熱気の中に溶け込んでました。

そんな勢いにのって(笑)
「Bend and Break」では最初から最後までちゃんと声を出して歌ったし。
会場全体も大合唱なナンバーだったし、私的にはこのライヴ中で一番ノリノリだったかもしれない(笑)
今回のライヴでは新曲を2曲演奏してくれて。
どちらもKEANEらしい美旋律なメロディーと透明感あるボーカルが印象的な曲。
2曲目の「Hamburg Song」ではトムもキーボードを弾きながら歌い、ティムとの掛け合いを披露。
いや~これにはまたちょっとビックリ。
だってトムって楽器は演奏できないのかと思ってたので・・・意外でしたワ(^^ゞ
「On A Day Like Today」は曲後半の輪唱のように広がっていくあのボーカルの響きが、
ライヴではどんな風に聴けるのか楽しみにしてたんだけど。
CDよりと比べるとちょっと物足りない感じがしたかなぁ。
その後は、「コレハボクヲカナシマセルオンナノコノウタデス」と
トムの日本語での曲紹介のあった「She Has No Time」が演奏され。
そして本編最後はトムが「ミンナノウタデス」と言った瞬間
キタ~!と思った「Somewhere Only We Know」!!
もちろん、みんな一緒に歌って大盛り上がりだったことはいうまでもありません(^^)

暫くしてアンコールを催促する手拍子の中、再び登場するメンバー。
この時ティムが紺色のタオルを持っていて。
汗を拭いてそれを客席に投げるというサービスぶり。
どうせ前の方に落ちるだろうし取れるわけないよな~と思いつつボーと見てたら。
意外にもそのタオルの飛距離がのびて、なーんと私の頭の上に落下!!!
一瞬目の前が真っ暗になり、え?!と思った瞬間、
後ろや横から無数の手がのびてきてティムのタオルはあっという間にさらわれていき。。。
私の右横あたりで取り合いになり、最後は女性がゲットしてました。
因みにタオルの肌触りはというと、使いこんでたのかゴワゴワだったけど^^;

アンコール一曲目は、日本のファンのためのスペシャルヴァージョンの
「Allemende」でしっとりと始まり。
次の「This is the Last Time」は私的には「Bend and Break」と
1、2を争うくらい盛り上がれたナンバーで。
最後の方では、これでもかーってくらいに照らされフラッシュするライトの中を
トムが気持ち良さそうにポ-ズ決めまくりで(笑)観客の興奮もピークに。
そして最後の曲となった「Bedshaped」演奏前の
「こうしてまた日本に来れて本当に嬉しい、ありがとう」みたいなMCの後に。
トムが「ライネンモヨロシク!」と日本語で言ったのにはウケたねぇー(笑)
こうしてクリスマスの季節にビッタリのナンバーで締めてくれたのでした。

演奏後は、すぐにはステージを去らずに余韻に浸ってたメンバー達.
UK本国のような大合唱とまではいかなかったけれど。
少なくとも私の周りでは、みんな歌詞を覚えててちゃんと全部歌ってたし、
これにはトム達も感激したんじゃないのかなー。
何度もサンキューと言ってたし、最後は3人で肩を組み客席に向けて手を振ったりと。
大きな歓声の中、名残惜しそうにステージをあとにしてました。

来日前、喉の調子が良くなくてライヴをキァンセルしてたので心配してたけれど。
この日のトムの声はサイコーだった!!!
それに曲紹介やMCも日本語でこなすほどで(笑)
「ワタシタチジシンノ~」とかけっこう難しい言葉使ってたりとかね。
カンペ見てたと思うけど、ライヴ前にかなり練習したんだろうなぁ。
こういう日本のファンへの心使いとかって本当に嬉しいよネ。
アフターパーティー時と比べると、トムの動きはちょっと抑え目だったかな(笑)
その分、キーボードを弾いたりして頑張ってたし。
照明などもZEPPの広さが活かされた演出になっててなかなか良かったし。
(ティム後方から後光が差すように照らされたブルーのライトが綺麗だった)
今年最後のライヴとしては申し分なく良かったです(^^)
KEANEは曲も歌詞もシンプルで覚えやすいし、アップ~ミドルテンポの曲中心だから
ライヴでも一緒に歌えて陶酔できるってのが魅力なんだろうなぁ。
大阪→東京→名古屋と連続3日間のハードスケジュールお疲れさま。
素晴らしい歌声と演奏をありがとうという気持ちでいっぱいです♪




12/6/2004@Zepp Tokyo
◆Set List◆
01.Can't Stop Now
02.Everybody's Changing
03.Sunshine
04.Snowed Under
05.We Might As Well Be Strangers
06.Bend and Break
07.Nothing In Your Way(新曲)
08.On A Day Like Today
09.Hamburg Song(新曲)
10.Your Eyes Open
11.She Has No Time
12.Somewhere Only We Know
◆Encore◆
13.Allemende
14.This is the Last Time
15.Bedshaped
[PR]
トラックバックURL : http://hacienda.exblog.jp/tb/1457240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from @ぴらリアル at 2004-12-20 00:36
タイトル : KEANE@ZEPP Tokyo
遅ればせながら、報告 Keaneのライブいってきました~ 今回、しっかり予習しての参戦 KeaneFujiRock後に「行かなくて残念」という感想をしたにも関わらず 今回の公演行くのを最後までまよってました。 最初に言います。いってよかった。改めてawrenさんに感謝 さてライブについて 当日会社を18:30にでました。正直遅刻と思ったのですが 思ったより近く職場からZepp東京まで電車つかっても30分かからかった で、駆けつけビール半分 (一杯飲んじゃうとライブに...... more
Tracked from Comfort in s.. at 2004-12-27 22:53
タイトル : 12/16 keane@zepp tokyo
だいぶ遅くなりましたがkeaneのライブレポです。 本当ならば、今年最後のライブということで、気合が入るはずだったのですが…。 急にバタバタと面接の予定が入ってしまい、 この日も面接が2件あって、ライブ前にすでにかなりの疲労が。 ... more
Commented by WOLFGANG at 2004-12-19 21:34 x
レポ拝見しました~☆
トムのMCは何言ってたかほとんどわからなかったので、
awrenさんのレポ読んでやっとわかりました(笑)
それにしても、タオル惜しかったですね~。
まさか自分のところに飛んでくるなんて思わないですもんね。
私もギターピックでもドラムスティックでも何でもいいから拾いたい☆
でも、ギターやマイクスタンドを投げるのは勘弁して欲しいですけど(^^;
あと、上のZEPPの写真ですけど、この豆粒みたいな人達の中に
たぶん私もいたと思います。
私もこれぐらいの人数の時に会場に着きましたから(^^)
Commented by pirai2 at 2004-12-20 12:07
TBいただきました。自分的には今年のナイスアクトのひとつでしたよ~。いや、ほぼベストアクト。「今年最後のライブがこんなにいいってあり?」ってかんじでした。awrenさん背中を押してくれてほんとに有難う。^^
Commented by awren at 2004-12-20 12:59
>WOLFGANGさん
トムの日本語って英語以上に聞き取りにくかったかも(笑)
でも一生懸命さが伝わってきて良かったですよね~(^^)
タオルの件は、今思うと惜しいことをしたかなーと(笑)
あの場でタオルを掴んでしゃがみ込めば取れたのにとか
今更ながら色々と思い浮かんできて。。
とっさの判断ができなかった自分が悔しいです(笑)
終演後はセットリストやスティック、
ドラムカバーなどバラ撒いてたじゃないですか?
最前列近くにいたWOLFGANGさんなら、ゲットできたんじゃないかと(笑)

実は、会場でWOLFGANGさんらしき人を発見した時に。
ゆりかもめ新橋駅で見かけたことを思い出し。
なので、たぶん同じ電車に乗ってたんじゃないかなぁと(笑)
あの日は寒かったので、開場時間まで展示会場内で暖を取り、
番号順に並び始めるちょっと前くらいに外へ出てったという次第です。
いや~こうしてみるとかなりすれ違ってたみたいですねー(^^)

>pirai2さん
こちらこそTBありがとうございました!
私が迷ってることがあったりしたら。
その時はヨロシクです(笑)
Commented by lisa at 2004-12-20 19:16 x
今年最後のライヴ☆満喫できたようで何よりでしたぁ~!
トムの巻き毛っぷりやら、タオル事件やら
色々満載なライヴだったんですね~(笑)
「コレハボクヲカナシマセルオンナノコノウタデス」
ってちゃんと日本語で言うなんて♪
確かAPの時は英語で同じ事言ってたから、
ちゃんと覚えてきたんですね!
WOLFGANGさんともニアミスだったみたいで(笑)
Commented by WOLFGANG at 2004-12-21 00:29 x
行きのゆりかめも新橋駅で見かけましたか。
じゃ、その人は私じゃないですね(^^;
私は臨海高速鉄道の東京テレポートから行きましたので。。
帰りはゆりかめもの新橋まで行って帰ったんですけどね。
勘違いさせてスイマセン(^^;
でも、私も開演までTOYOTAのショールームとかショップとか色々回ってました。
パレットタウンでサッカー・ユニフォームを物色したり、
「ヴィレッジ ヴァンガード」という不思議な本屋を巡ったりと
なかなか面白かったです☆
Commented by awren at 2004-12-21 11:27
>lisaさん
AP時はもう体力の限界を超えた状態で見てたものでMCとかうろ覚えだれど^^;
今回のMC中、聞き覚えのあるのも幾つかありで(笑)
トムもそのことは認めてたみたいだし。
でも丁寧に曲紹介してくれるりんごちゃんは可愛かったですよー(^^♪

>WOLFGANGさん
あら~、私の勘違いですかぁ。
間違いないと思ったんですけどねぇ^^;
ではいつか会える日まで楽しみにしときます(笑)
そうそう、パレットタウンは色んなお店があって面白いですよね~。
サッカー好きなWOLFGANGさんにはもってこいの場所かと♪
Commented by yuko_0906 at 2004-12-27 23:00
こんにちは。いまさらながらレポを投稿したので、
またトラックバックさせてもらいました〜。
十分楽しんだみたいでうらやましい限り。
実はこの日、遅れて行ったので、自分的には不完全燃焼だったのです…(泣)。
Commented by awren at 2004-12-28 10:42
TBありがとうございました♪
レポ拝見しましたが、色々と大変だったみたいですねぇ。
疲れてたり他のことに気を取られてると
集中できないんですよね~ライヴって。
次回のTHE MUSICはガッツリ楽しめるといいですネ!
by awren | 2004-12-19 17:03 | ライヴ感想 | Trackback(2) | Comments(8)

海外ドラマや映画に音楽、その他イロイロ日記です。


by awren
プロフィールを見る
画像一覧