Franz Ferdinand@Yokohama BLITZ

b0032346_124536.jpg前日はHOTSライヴで帰りが遅かったためちょっと寝不足気味。
それに半日だけど仕事もこなしてのライヴだし(社会人は辛いよー)
今日のフランツは2階席で正解だったな~と(笑)
BLITZまでは、横浜でみなとみらい線に乗換えて一駅のはずだったんだけど。
各駅停車に乗るべきところを急行に乗ってしまったらしく。
それも終点まで行ってから気がついたという^^;
まあ、いい時間潰しになったなったし運賃180円分の元はとれたかなって(笑)
ちょっと周り道したけどなんとかBLITZに到着。
さすがわフランツ、ダフ屋も出る盛況ぶりで私も声をかけられる。
すでに開場時間は過ぎてたので入場する列に並ぶ。
友達とは席で待ち合わせってことにしてたので先に中に入って待つことに。

会場内は、新築ホヤホヤで何もかもが新しくてキレイ。
さっそく2階へ上がり自分の席を探すが。
予想通り後ろから2番目という位置ながらもすごく見晴らしが良いので。
双眼鏡もあるしこれならバッチリだよ(笑)
AXよりも全然大きい~天井も高いしね。
友達の到着まで色々と人間ウォッチングしてたら。
MTVのRURIさんらしき人を発見、プレス関係者席に座ってました。
カメラも入ってたのでMTVで独占放送なのかなー。

2階から見ると1階のフロアはすでに人でギューギューの状態。
やっぱり即日完売しただけのことはあるねぇ~。
2階席もだんだんと人で埋まってくる。
そんな中、外人らしき4人組が私の後ろの席にやってきて(イヤな予感)
この人達の声がデカくて煩いのなんのって・・・
そのうちに友達も開演時間ちょっと前には到着し、
二人とも一抹の不安を覚えながらも(笑)開演時間となり前座の演奏が始まる。

前座のTHE BEAT UPは、
一応友達からダビングして貰ってたものの。
あまり聴き込めてなくてほぼぶっつけ本番で臨みました(笑)
ライヴではどの曲も同じ様に聞こえてたかな^^;
もう少し緩急があってもいいかと思うんだけど、
それが彼らの個性だといえばそうかもしれないし。。
一生懸命演奏してるのが凄く伝わってくるだけに、客のノリがイマイチで可哀相でしたね。
まあ彼らも殆どがフランツ目当てだって分かって演奏してたと思うし。
最後はドラム君が自分のカメラで客席を撮ったりしてたので。
それなりに楽しんでたみたいです。
まだこの後もライヴあるし、徐々に日本でのファンが増えてくといいね。

セットチェンジの最中、人の顔がプリントされた大きなたれ幕がステージの前に出現。
どうやらバンド名の由来となってるフランツ皇太子の肖像画らしい。
なんだかフランツらしい演出で始まる前から楽ませてくれるよネ。
今か今かと待ちわびる客のテンションも徐々に高まってきた頃。
「michael」のイントロが流れるとともに
たれ幕の向こう側に4人のシルエットが浮かびあがり。
幕が一気に落とされるとそこにはドラム台の上に勢ぞろいしたメンバーの姿が。
演奏が始まるやいなや1階のフロアはもちろんのこと、
2階席も立ちあがる人多数で会場全体が一瞬にしてディスコフロアと化してました。
1階の熱気と興奮が2階にまで伝わってくるのか熱くて仕方なかったほど。
バンドも客もテンションがかなり高まってきてる中。
てっきりラストあたりで演奏すると思ってた「take me out」のあのイントロが!!
こんな早い段階で演奏しちゃっていいの?って心配したけれど(笑)
私的にもやっぱりこの曲が一番盛り上がったなーと♪
友達はこれで燃え尽きちゃったよと言ってたくらいだし(笑)
その後もファンにとってはお馴染の曲が続き、場内はますますヒートアップするばかり。
タイトルは忘れちゃったけど。
この日演奏された新曲の中では、
転調とリズムのシフトチェンジに切ないメロディが印象的なのが良かったかな。
途中、アレックスが「サンキュー」と言うと凄い歓声が上がり。
その次にニックが言うとまたまた歓声が上がる。
これが面白かったのかポールやボブもそれに続くとそのたびに歓声が上がったりと。
ちょっと笑える場面やお約束のメンバー紹介も織り交ぜながら。
本編最後は「darts of pleasure」で終了。

b0032346_13224561.jpgアンコールでは3曲演奏し、エンディングまでテンションを落とすことなく一気に「this fire」まで持っていってしまうあたり。
やはり勢いのあるバンドのライヴだけあるなーと。
最後はメンバー4人横一列に並び手をつないでおじぎをするという、まるでカーテンコールのような雰囲気。
ひたすら踊って歌って何も考えずに楽しめるライヴだったな☆

b0032346_14521310.jpgしかしアレックスの細さにはビックリ~(*_*)
この日は赤いシャツ、黒いズボンに黄色いベルト。
そしてピカピカに磨かれた靴で決めてました。
意味のない?キメキメポ-ズもたくさん見せてもらったしね(笑)
ニックも靴はピカピカだしスタジャンで決めてたし。
センスの良さが伺えるのはメンバーの服装だけではなく。
ステージのセッティングなども凝っていて見応えあった。
最初に出てきたフランツ皇太子の肖像画のたれ幕はもちろんのこと。
アンプやスピーカーなど機材もオレンジで統一されていたし。
ステージ上の演奏ゾ-ンはこれまたオレンジ色の布が敷いてあったりと。
古臭いようだけど、逆にそれが新鮮に思えたかな。

b0032346_1562259.jpgライヴ後はBLITZ周辺をちょっと散策。
近くの横浜迎賓館がクリスマスバージョン用にライトアップされてとってもキレイだったので記念に一枚。
その後は友達と食事して今日は楽しかったね~と色々と感想を言いながら帰宅したのでした。




11/25/2004@横浜 BLITZ
◆Set List◆
01.michael
02.tell her tonight
03.auf achse
04.this boy(新曲)
05.take me out
06.jacqueline
07.that was easy(新曲)
08.matinee
09.I'm your villain(新曲)
10.come on home
11.40ft
12.darts of pleasure
◆Encore◆
13.shopping for blood
14.cheating on you
15.this fire
[PR]
トラックバックURL : http://hacienda.exblog.jp/tb/1199266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Comfort in s.. at 2004-12-02 11:44
タイトル : 11/29 FRANZ FERDINAND@shibuy..
フジ以来見るのは2度めのフランツのライブに 行ってきました。 とっても楽しみにしてたんだけど、 いやー、よかった!ホント、楽しかったよ!! AXには開場時間前に着いていたんだけど、 前座のバンドthe beat upは見なかったのです。 この前のkasabianの時の教訓を生かして。 メインのフランツ前にパニック発作起こしちゃ 困るからねぇ…。 なので、ロビーのとこにあった BBTVかな? なんだかよくわからないけど、 映画やCS放送が見れるテレビをいじって、 ...... more
Commented by pirai2 at 2004-12-01 12:04
はじめまして。私はShibuya-AXの方のライブ行って来ました。いいライブというよりは、すごく楽しいライブでした。これからもライブレポート楽しみにしてます。
Commented by awren at 2004-12-01 17:06
こんにちわ!
pirai2さんもフランツライヴに行かれたんですね~。
早速にTBさせて頂きました☆
名古屋ではボブが緊急入院したので、
翌日の東京公演はどうなることやらと心配してたんですが。
充分に楽しめたようで何よりです(^^)

私も来月のAqualung行く予定ですヨ。
先月同様に1月もまたライヴラッシュとなりそうです^^;
Commented by yuko_0906 at 2004-12-02 11:46
はじめまして。lisaさんのblog経由でちょくちょく覗かせてもらってます。私も会場は違うけど、フランツ見に行ってきました!
楽しかったです。というわけで、トラックバックさせてもらいました。
Commented by awren at 2004-12-02 13:44
こんにちわ~。
実は私もlisaさん経由で
yuko_0906さんのblogを拝見しておりました(笑)
好きなバンドや見に行くライヴがかなり被ってるし、
同じエキサイト仲間としてもこれからも宜しくです(^^♪
Commented by lasg at 2004-12-09 23:40
こんにちわ~。お久しぶりです~。
フランツ楽しまれたようで何よりです♪って、わたしもAX行ったんですけど・・・(苦笑)
全然更新などしてなくて、アレですが・・・
そのうち感想とか書けたらいいなと思います。頑張ります・・・。(笑)
Commented by awren at 2004-12-10 11:05
お久しぶりです!
音沙汰ないので心配してましたが(笑)
lasgさんも無事にフランツ行けて良かったですネ。
更新とともに感想も楽しみにしてますよー(^^)

by awren | 2004-11-28 15:07 | ライヴ感想 | Trackback(1) | Comments(6)